【2020】ハロー、ニューヨーク!の鑑賞方法やおすすめの座席を紹介

17点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

「ハロー、ニューヨーク!」は東京ディズニーシーで公演中のステージショーです。

2018年7月からレギュラー公演しており、2019年には期間限定でクリスマスバージョンも公演されました。

まだ一度も観たことがない方のため、今回は「ハロー、ニューヨーク!」の公演内容、出演キャラクター、鑑賞方法を徹底解説いたします!

ハロー、ニューヨーク!の基本情報

まずはショーの基本情報からご紹介します。

公演場所はドックサイドステージ

出典:東京ディズニーリゾート

「ハロー、ニューヨーク!」はアメリカンウォーターフロントにあるドックサイドステージにて公演しています。

豪華客船S.S.コロンビア号の前にある屋外ステージです。

東京ディズニーシーと同時にオープンしたドックサイドステージでは、これまで「セイル・アウェイ」「オーバー・ザ・ウェイブ」「テーブル・イズ・ウェイティング」などの人気ショーを公演してきました。

ダッフィーのお友だちのステラ・ルーが初出演したショー「ステップ・トゥ・シャイン」を公演したのも、このステージです。

ミッキー&フレンズ8名が出演

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

「ハロー、ニューヨーク!」には8名のディズニーキャラクターが出演します。

●ミッキーマウス
●ミニーマウス
●プルート
●ドナルドダック
●デイジーダック
●グーフィー
●チップ
●デール

ミッキー&フレンズが大好きな方は必見のショーですね!

東京ディズニーシーで公演中のレギュラーショーの中で、プルート、チップ、デールが出演しているのは「ハロー、ニューヨーク!」だけなんですよ。

公演スケジュールはアプリや公式サイトにて公開

出典:東京ディズニーリゾート・アプリ

「ハロー、ニューヨーク!」の公演時間は約25分で、1日4~5回公演しています。

公演スケジュールは、東京ディズニーリゾートの公式アプリ、公式サイト、ドックサイドステージの外看板などで確認することができますよ。

ショーの見どころ

続いては「ハロー、ニューヨーク!」の見どころをご紹介します。

内容を知りたくない方は、次の項目の「鑑賞方法」までお進みください。

ニューヨーカーらしいオシャレなファッション

「ハロー、ニューヨーク!」は、ミッキーと仲間たちがニューヨークの様々な楽しみ方を発見するというストーリーになっています。

まず注目したいのは、彼らのファッションです!
ニューヨーカーらしいオシャレなコスチュームに身を包んで登場します。

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式東京ディズニーリゾート

ミッキーのコスチュームは2パターンあります。

1つはブルーを基調としたスタイル、もう1つは真っ赤なジャケットをカジュアルに着こなしたスタイルです。
デニムパンツが新鮮ですね!
腰に付けたチェーンもポイントになっています。

ミニーは鮮やかなピンクのジャケットにブルーのスカートを合わせています。
赤×青のリボンもオシャレです!

プルートもいつもとは違う首輪をつけてもらっていますね。
アメリカンカラーのベルトに、イニシャル「P」のプレートが付いています。

出典:東京ディズニーリゾート

グーフィーはストリート系のファッションをかっこよく着こなしています!
ジャケットにはS.S.コロンビア号のイラストや「NYC」という文字のワッペンが付いているんですよ。

出典:東京ディズニーリゾート

ドナルドはデニムジャケットにニット帽のカジュアルスタイルです。
カメラを首から下げて写真撮影を楽しみます。

デイジーも女性らしいシルエットのデニムジャケットを着ていますね。
また、よく見るとドナルドもデイジーも同じチェック柄を取り入れているんですよ。

チップ&デールはお揃いのベレー帽と色違いのパーカーを着て登場!
胸元にはそれぞれのイニシャル、ファスナーにはどんぐりが付いたかわいいコスチュームになっています♪

迫力あるアクロバティックなダンスが観られる

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

グーフィーが登場するダウンタウンのシーンでは、ダンサー達によるアクロバティックなダンスパフォーマンスが繰り広げられます。

ステージ上に設置された木箱や壁を使って高くジャンプしたり、バク転をしたりと、次々に舞うダンサーを目の前で観られるのです。
かっこいいパフォーマンスに思わずくぎ付けになってしまいますよ!

ヒップホップダンスのシーンではグーフィーも一緒になってダンスを楽しみます。

ゲストが参加できるシーンがある

出典:東京ディズニーリゾート公式ブログ

「ハロー、ニューヨーク!」には、キャラクターたちとゲストが一緒に盛り上がれるシーンがあります。

ドナルドダック、デイジーダック、チップ&デールが登場したらゲスト参加タイムの始まりです!

客席のゲストに向かってどんぐり型のバルーンボールが飛んでくるので、頭上にボールが飛んで来たら、手でポーンと打ち返しましょう。

ステージに近い席に座ると、キャラクターが投げたボールを受け取ったり、逆にこちらから投げたボールを直接受け取ってもらえるかもしれません♪

小さなお子さまも一緒になって盛り上がれますよ。

キャラクターと触れ合えるかも?

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

ショーの後半には、キャラクター達がステージから降りて客席を通過するシーンがあります。

後方の席に座っていたとしても、近くでキャラクターを見れるチャンスがあるのです!

さらに、通路側の席に座っていたらキャラクターと握手やハイタッチができるかもしれません。

キャラクターが歩くルートを知りたい方は、次の項目をご覧ください。

鑑賞方法

ここからは「ハロー、ニューヨーク!」の鑑賞方法をご紹介します。

すべて自由席(先着順)での案内

「ハロー、ニューヨーク!」は、全公演、すべての座席が自由席です。

先着順での案内なので、一緒に鑑賞する方全員そろって直接ドックサイドステージへ向かい、入場列に並んでください。
各回、定員に達した時点で案内終了となります。

入場列はステージ右側のエリアに作られる

「ハロー、ニューヨーク!」は公演開始30分前になったら観客席への入場が始まります。

それまではドックサイドステージの右側のエリアに入場列が作られます。

こちらの階段を降りて入場列にお並びください。

階段を降りた先の広いスペースで待機し、30分前になったら先着順で好きな席に座ることができます。

中央ブロック最前列やキャラクターが通る通路側が人気

※赤線はキャラクターが通過するルートです。

人気の座席は、ショーを間近で楽しめる最前列や、キャラクターと触れ合える通路側の座席です。

特にCブロックの最前列と両サイド、Bブロックの右端、Dブロックの左端は人気が高いです。

また、Bブロックの右端とDブロックの左端は、最前列でなくても視界が広くなるのでショーを鑑賞しやすいというメリットもあります。

ちなみに、座席の一部はバケーションパッケージ(※)利用者のために事前に確保されています。
「予約席」というシートがかかっているので、それ以外の座席を利用してくださいね。

※ディズニーホテル・TDRオフィシャルホテル・TDRパートナーホテルの宿泊に特別なチケットやさまざまなコンテンツが付いた宿泊プランです。

席にこだわらなければ開演30分前でも鑑賞できる

入場列に並ぶべきタイミングは、パークの混雑状況によって変わってきます。

前方の列や中央ブロックなどの人気席を狙う方は、1~2時間前に列の様子を確認しに行きましょう。

もちろん並ぶタイミングが早ければ早いほど良席で鑑賞できますが、「ハロー、ニューヨーク!」の公演1回目は12時台または14時台なので、パーク開園直後から張り切って並ぶ人はかなり少数派です。

逆に、席にこだわりが無い方であればもう少しゆっくりでも構いません。
平日などの空いている日だと開演直前でも空席に案内してもらえる場合があります。

夏は整理券の配布、冬は抽選を導入

夏:夕方から公演スタート&整理券を配布

夏は暑さ対策のため、公演1回目が夕方からスタートとなります。
また、整理券が配布されるので外で長時間並ぶ必要がありません。

※2020年の実施期間については、発表され次第更新します。

冬:クリスマスバージョンは指定席(抽選)を導入

2019年のクリスマスシーズンは、「ハロー、ニューヨーク!」のクリスマスバージョンを公演していました。

公演期間中は指定席(抽選)が設けられていたので、2020年もクリスマスバージョンを公演するのであれば同様のシステムになるでしょう。

ショーの抽選についてはこちらの記事をご覧ください。

ディズニーのショーの抽選方法とは?基本的なルールや注意点を解説

鑑賞のルールと注意点

続いては「ハロー、ニューヨーク!」の鑑賞のルールと注意点をご紹介します。

写真撮影・ビデオ撮影OK

「ハロー、ニューヨーク!」は撮影可能なショーです。

キャラクターが客席に降りた際に、運が良ければカメラに向かって目線をくれたり、手を振ってアピールしてもらえることもありますよ。

ただし、ビデオカメラやスマートフォンが自分の頭の高さを超えないようにご注意ください。
高い位置に上げて撮影すると、後ろの方の鑑賞の妨げになってしまいます。

ベビーカーは預ける

お子様をベビーカーに座らせたまま入場することはできません。

ベビーカーは所定の場所に置き、お子様はひざの上に座らせて鑑賞してください。

お子様もステージが見えるように抱っこしたい場合は、大人の方の頭の高さを超えないようにしてくださいね。

会場外からの立ち見も可能

「ハロー、ニューヨーク!」は会場外から立ち見で鑑賞することも可能です。

ただし、会場内にも立ち見エリアが設けられているため、その後ろからの鑑賞となります。

また、会場の左側(タートル・トーク側)や右側にある高台からもショーの鑑賞が可能ですが、ステージ全体を観ることはできません。

そのため、会場外からショーを鑑賞する場合は「ショーの雰囲気を味わいたい」「少しでもキャラクターが見えたら嬉しい」という気持ちでショーを楽しんでくださいね。

天候によって公演中止になる場合がある

「ハロー、ニューヨーク!」は屋外のショーなので、天候によっては公演中止になったり、内容の一部を変更して公演する場合があります。

雨が降りそうな天候の日は、公演中止を覚悟したうえで列に並んでくださいね。

東京ディズニーシーで公演中のショーの内、天候に関わらず鑑賞できるのは下記3つのショーです。

ビッグバンドビート(ブロードウェイ・ミュージックシアターで公演中)
ソング・オブ・ミラージュ(ハンガーステージで公演中)
マイ・フレンド・ダッフィー(ケープコッド・クックオフで公演中)

ショーの関連グッズ

最後に、「ハロー、ニューヨーク!」の関連グッズをご紹介します。
ショーを鑑賞した記念にいかがでしょうか?

出典:東京ディズニーリゾート・アプリ

ピンバッジ 1,100円
CD 2,750円

※税込価格です。
※グッズは品切れの場合があります。

まとめ

ニューヨーカーをイメージしたファッションや迫力あるダンスパフォーマンスが見どころの「ハロー、ニューヨーク!」。

最近は抽選制のショーが増えていますが、すべての公演が自由席(夏季とクリスマスシーズンは除く)なので並べば確実に観ることができますよ。

ミッキー&フレンズファンの方はぜひ鑑賞してみてくださいね。

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。