ホテルミラコスタ予約の取り方とコツを解説!予約が取れない理由とは?

15点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」は東京ディズニーシーと共にオープンしたテーマパーク一体型ホテルです。

ディズニー直営ホテルの中で最も人気が高く、予約が取りづらいことで有名ですね。
「何度かチャレンジしているけど、いつも満室で諦めてる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホテルミラコスタの予約の取り方と予約を入れるコツを解説いたします!

★ホテルミラコスタについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ホテルミラコスタの魅力を徹底解説!宿泊する10のメリットとは?

ホテルミラコスタの予約が取りづらい理由

「ミラコスタ」はイタリア語で「海を眺めること」を意味する

出典:ディズニーホテル

「ミラコスタ」とはイタリア語で「海を眺めること」を意味します。
ホテルミラコスタは、その名の通り客室からメディテレーニアンハーバーを眺めたりショーを鑑賞したりできるのが大きな魅力の1つです。

パーク内からホテルを見上げて「いつか泊まってみたい!」と憧れている人も多いと思います。

ホテルの中はイタリアンクラシックをコンセプトにした豪華な空間になっており、東京ディズニーシーで遊んだ余韻をそのままに宿泊することができます。

また、パークとホテルは宿泊者専用の連絡通路で繋がっているので、遊び疲れてもすぐに部屋に帰れますし、翌日もホテルを出たらすぐにパークです!
時間に余裕を持って行動できるのは嬉しいですよね。

このように、ホテルミラコスタには他のディズニー直営ホテルには無い魅力がたくさんあります。
最も予約が取りづらいホテルになっているのも納得です。

ホテルミラコスタとパークは宿泊者専用の連絡通路で繋がってる

出典:ディズニーホテル

2022年になったら東京ディズニーシーに2つ目のパーク一体型ホテルがオープンすると発表されています。
人気が分散すれば少しはホテルミラコスタの予約が取りやすくなるかもしれませんね。

とはいえ、まだ3年も先の話なので、しばらくはホテルミラコスタが人気No.1という状況が続くでしょう。

ホテルミラコスタの客室は3つのサイドに分かれてる

ホテルミラコスタの予約方法をご説明するにあたり、先に客室のタイプについてご紹介いたします。

すでにリサーチ済みという方は「ホテルミラコスタの予約方法」まで飛ばして頂いて構いません。

人気No.1は海沿いの「ポルト・パラディーゾ・サイド」

ホテルミラコスタの客室は全部で502室ありますが、どの客室からもパークを一望できるわけではありません。

客室は「ポルト・パラディーゾ・サイド」「ヴェネツィア・サイド」「トスカーナ・サイド」という3つのサイドに分かれています。

客室は「ポルト・パラディーゾ・サイド」「ヴェネツィア・サイド」「トスカーナ・サイド」という3つのサイドに分かれてる

出典:ディズニーホテル

画像の通り、海に面しているのは「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室だけです。

「ヴェネツィア・サイド」の客室からもパークの景色を楽しめますが、パラッツォ・カナルという名のエリアしか見えません。

「トスカーナ・サイド」の客室はパークのメインエントランスまたはホテルエントランス側を向いているので、海は全く見えません。

つまり、海を一望できる客室は全体の半分以下ということになります。

さらに「ポルト・パラディーゾ・サイド」は部屋の角度や広さによってタイプ分けされています。
各部屋の名前と特徴をまとめました。

「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室の種類 窓からの眺め(公式サイトの説明)
パーシャルビュー ポルト・パラディーゾの街に面していますが、建物の壁や屋根などにより視界が遮られています。
ピアッツァビュー ポルト・パラディーゾの広場や街並みをご覧いただくことができます。
ピアッツァグランドビュー ポルト・パラディーゾの広場や街並み、港の一部をご覧いただくことができます。
ハーバービュー ポルト・パラディーゾの港の全景をご覧いただくことができます。
ハーバーグランドビュー 広々としたテラスより港の景観を心ゆくまでお楽しみいただけます。

同じ「ポルト・パラディーゾ・サイド」でも部屋の種類によって景観が変わります。
特に「パーシャルビュー」は部屋によっては目の前が建物の壁や屋根という場合もあるので、海を一望できる!というイメージで宿泊すると少しガッカリしてしまうかもしれません。

【ポルト・パラディーゾとは?】

「ポルト・パラディーゾ」とは、メインエントランスから直進した場所にある海沿いのエリアの名前で、イタリア語で「楽園の港」という意味があります。
イタリア北西部の港町ポルトフィーノをイメージしており、街並みは実際のポルトフィーノとほぼ同じ縮尺で作られています。
ホテルミラコスタ1階部分(パーク内)には港町の名前が付いたレストラン「カフェ・ポルトフィーノ」があります。

客室タイプ別の宿泊料金

それでは、客室タイプ別に宿泊料金をチェックしていきましょう。

トスカーナ・サイド(パークエントランス側の客室)

トスカーナ・サイド(パークエントランス側)の「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」

出典:ディズニーホテル

ツイン・ダブル 49,600円~
トリプル 55,500円~

「トスカーナ・サイド」はパークエントランス側の客室のため、以前は最も安い料金で宿泊することができました。
しかし、2015年に改装が行われて「トスカーナ・サイド」の全客室がディズニーキャラクターデザインの「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」に生まれ変わりました。
そのため、次にご紹介する「ヴィネツィア・サイド」と大差がない料金設定になっています。

 

ヴィネツィア・サイド(パラッツォ・カナル側の客室)

ヴィネツィア・サイド(パラッツォ・カナル側)の客室

出典:ディズニーホテル

ツイン・ダブル 49,400円~
トリプルルーム 55,500円~
ツイン(中庭付き) 57,700円~

 

ポルト・パラディーゾ・サイド(海が見える客室)

ポルト・パラディーゾ・サイド(海側)の客室

出典:ディズニーホテル

パーシャルビュー(建物の壁や屋根などにより視界が遮られる) ツイン 44,200円~
ピアッツァビュー(広場や街並みが見える) ツイン・ダブル 55,500円~
トリプル 61,700円~
ピアッツァグランドビュー(広場や街並み、港の一部が見える) ツイン 58,600円~
ハーバービュー(港の全景が見える) ツイン 64,800円~

 

スペチアーレ・ルーム&スイート

スペチアーレ・ルーム&スイート

出典:ディズニーホテル

ヴィネツィア・サイド(パラッツォ・カナル側の客室) 73,000円~
ポルト・パラディーゾ・サイド(海が見える客室) ピアッツァビュー(広場や街並みが見える) 99,200円~
ハーバービュー(港の全景が見える) 78,200円~
ハーバーグランドビュー(広いテラスから港の全景が見える) 115,600円~
ポルト・パラディーゾ・スイート 182,000円~
ミラコスタ・スイート 257,000円~
イル・マニーフィコ・スイート
500,000円~

※消費税込み
※最も安い設定の日の料金

●ホテルミラコスタの客室は「ポルト・パラディーゾ・サイド」「ヴェネツィア・サイド」「トスカーナ・サイド」の3つのサイドに分かれてる

●海沿いの「ポルト・パラディーゾ・サイド」も客室の位置や広さによってタイプ分けされている

●最も安い客室は「ポルト・パラディーゾ・サイド」のパーシャルビュー(建物の壁や屋根などにより視界が遮られる)のツイン(44,200円~)

●最も高額な客室は「ポルト・パラディーゾ・サイド」のイル・マニーフィコ・スイート(500,000円~)

ホテルミラコスタの予約方法

ここからは、ホテルミラコスタの予約方法をご説明いたします。

予約方法は3パターン

宿泊予約は「バケーションパッケージを予約する」「宿泊のみをオンライン予約する」「宿泊のみを電話予約する」という3つの方法があり、それぞれ予約開始のタイミングが異なります。

バケーションパッケージを予約する場合 6ヶ月前の同日11時から予約可能
ホテル宿泊のみをオンライン予約する場合 5ヶ月前の同日11時から予約可能
ホテル宿泊のみを電話予約する場合 4ヶ月前の同日9時から予約可能

バケーションパッケージとは、ホテルの宿泊+パークチケット+東京ディズニーリゾートで楽しめるコンテンツがセットになったオフィシャル宿泊プランのことです。

バケーションパッケージでホテルミラコスタを利用する場合は6ヶ月前から予約できますが、宿泊のみをオンライン予約する場合は1ヶ月出遅れて5ヶ月前からの予約となります。

電話予約の場合は4ヶ月前からしか予約できません。
他の2つの予約方法より出遅れてしまうので、予約開始日にはすでに空室が無い場合もあります。

オンライン予約はアクセス集中により苦戦する

繰り返しますがホテルミラコスタは人気No.1ホテルです。
宿泊予約をしたほとんどの人がバケーションパッケージにて予約、または宿泊のみをオンライン予約しています。
あえて予約開始が最も遅い電話予約を選ぶ理由はないですよね。

しかし、オンライン予約には問題点があります。

それは、予約開始時間(6ヶ月前または5ヶ月前の同日11時)にアクセスしても、アクセス集中のために「オンライン予約・購入サイト」に繋がらない可能性が高いということです。

↓通常のホテル予約TOPページはこのようなになっています。

通常時の「オンライン予約・購入サイト」

↓アクセスが集中するとこのような画面が表示されます。

アクセスが集中している時の「オンライン予約・購入サイト」

ちなみに予約サイトは毎日9時、10時、11時になると必ずアクセスが集中します。
なぜなら、9時はホテル宿泊者のレストラン予約開始、10時はホテル宿泊者以外のレストラン予約開始のタイミングだからです。

しばらく時間が経てば繋がりますが、その頃にはすでに希望の部屋が満室になっていた・・・という残念な経験をしている人は多いです。

みなさん宿泊予約に苦戦していますね。

受付開始のタイミングでスムーズに予約できた人は、ただ単にラッキーな人なのでしょうか?
何か特別な方法を使っているのでしょうか?

なかなか予約が取れないと「何か裏技があるのでは?」と気になってしまいますよね。

結論から言いいますと、先ほどご紹介した3つの予約方法以外に特別な方法はありません。
しかし、予約を取る“コツ”ならあります!

【予約開始前】スムーズに予約を進める準備をしよう

ホテルミラコスタの宿泊予約をするためには、「予約開始前の準備」が必要です。

オンライン予約・購入サイト」に運よく繋がったとしても、モタモタしているうちに満室になってしまっては意味が無いので、これからご紹介する4つの準備をしておいてください。

コツ1:複数の端末をスタンバイしておく

パソコン、スマホ、タブレットなど、できるだけ複数の端末からアクセスできるようにしておきましょう。

また、家族や同行者にも11時になったらサイトにアクセスしてもらうようお願いするという手もあります。
協力者は多い方が良いです。

その場合はあらかじめ希望の宿泊日や客室タイプなどの情報共有をしておいてくださいね。

コツ2:ディズニーアカウントに登録しておく

ホテル予約はディズニーアカウントの登録が必須

出典:オンライン予約・購入サイト

ディズニーアカウントの登録は、ディズニーの各種オンラインサービスを利用するために必ず必要です。

宿泊予約をする際もディズニーアカウントにログインする必要があるので、アカウントを持っていない場合はそのタイミングで新規登録することになります。

もし登録中に「ただいま混雑しています」という画面に切り替わって予約が中断してしまったらもったいないので、事前に新規ユーザー登録しておきましょう。

すでに登録済みの方は、スムーズにログインできるようにメールアドレスまたはユーザーIDとパスワードを確認しておいてくださいね。

コツ3:宿泊日や客室タイプにこだわりすぎないようにする

「記念日に泊まりたい」「○曜日しか行けない」「絶対にポルト・パラディーゾ・サイドのハーバービューが良い」など、いろいろな希望があると思います。

しかし、人気No.1ホテルを予約するうえで宿泊日や客室タイプの選択肢が少ないというのは、やはり不利になってしまいます。

特に土・日・祝日の宿泊予約を狙う場合は客室タイプの妥協が必要ですし、逆に客室タイプを優先するなら日にちにこだわらず空きを探す必要があります。

そのため、宿泊日と客室タイプの候補はできるだけたくさん用意しておきましょう。

コツ4:予約時間になったらすぐアクセスできるようにしておく

予約開始のタイミングである11時になったら「オンライン予約・購入サイト」にアクセスする・・・では遅いです!

10時台にはサイトにアクセスして、ホテル予約のページを開き、宿泊日や人数を入力し、11時になった瞬間に空き状況を検索できる状況にしておきましょう。

なお、ホテル予約は「日付・価格から探す」と「ホテルから探す」という2パターンの検索方法があるので、それぞれの流れをご説明します。

「日付・価格から探す」の場合

「日付・価格から探す」の場合の流れ1

【1】まず宿泊日、泊数、人数、部屋数、ホテルを入力する画面になります。
宿泊日は選択できる1番遠い日にちを選びます。
ホテルは「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」を選びます。

〈例〉4月1日にアクセスし、5ヶ月後の9月1日に予約したい場合は、いったん8月31日を選択しておく(11時になるまで9月1日は選択できないため)

【2】「検索する」をクリックすると条件に合った客室(空室のみ)が表示されるページに移るので、その状態で待機しましょう。

「日付・価格から探す」の場合の流れ2

【3】11時になったらすぐに再読み込みし、ページ上部の宿泊日を希望日に変更して検索しなおしましょう。
または、URLの日付の部分の8ケタの数字(2019年8月31日を選択中の場合は20190831と表示される)を希望日に変えてアクセスするという方法もあります。

いずれの方法も、泊数、人数、部屋数、ホテルの項目はすでに入力済みなので再入力する必要はありません。
すぐに希望日の空室を確認することができます。

※この方法でも「アクセス集中」を知らせる画面になってしまう可能性はあります。

 

「ホテルから探す」の場合

「ホテルから探す」の場合の流れ1

【1】まずホテルを選択する画面になるので、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」をクリックします。

【2】ホテルミラコスタの客室タイプが一覧で表示されます。
客室タイプごとに「空き状況を確認する」という青色のボタンが表示されるので、スクロールして希望の客室を画面上に表示させた状態で待機しましょう。

「ホテルから探す」の場合の流れ2

【3】11時になったらすぐに「空き状況を確認する」をクリックしてください。
人数、部屋数、泊数、利用月を入力したら、カレンダーが表示されて空き状況を確認できます。

「ホテルから探す」の場合の流れ3

※この方法でも「アクセス集中」を知らせる画面になってしまう可能性はあります。

 

【予約開始のタイミングで予約を取るコツ】

●複数の端末を用意するか、家族や同行者に協力してもらおう

●スムーズに予約完了できるように、事前にディズニーアカウントの登録をしておこう

●予約の可能性を広げるためにも宿泊日&客室タイプの候補をたくさん用意しておこう

●11時になったらすぐに希望日の空き状況検索できるよに、事前に予約サイトにアクセスしておこう

【予約開始後】キャンセル拾いを狙おう

希望の客室が満室になっていても落ち込むことはありません。
後々「キャンセル拾い」で無事に予約できたという人も多いので、諦めずに予約サイトをチェックし続けましょう。

キャンセル拾いとは、予約のキャンセルが出ていないかサイトをチェックして、見つけたらすぐにその枠の予約を取るという方法です。

予約サイトにキャンセルが反映される時間は決まっていません。
空きが出たら随時更新されます。
つまり、たまたま空きを発見できれば予約できる=運次第なので誰にでも可能性はあるということです!

ただし、キャンセル拾いを成功させるためには頻繁に予約サイトにアクセスする必要があります。

特にキャンセルが出やすいのは、キャンセル料が発生する前です。

バケーションパッケージを予約してる場合
キャンセルのタイミング キャンセル料
旅行開始日の21日前まで 無料
旅行開始日の20日前~8日前 旅行代金の20%
旅行開始日の7日前~2日前 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40%
旅行開始日の当日 旅行代金の50%
旅行開始後、または連絡なしの不参加 旅行代金の100%
宿泊のみ予約してる場合
キャンセルのタイミング キャンセル料
デラックスタイプ バリュータイプ
15日前まで 無料 無料
14日前~8日前 1室あたり10,000円 1室あたり5,000円
7日前~2日前 1室あたり20,000円 1室あたり10,000円
前日~当日、または不泊 1室あたり30,000円 1室あたり15,000円

※デラックスタイプ・・・ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル
※バリュータイプ・・・東京ディズニーセレブレーションホテル

キャンセル料が発生する前日、または増額する前日は特にマメにチェックしましょう!

また、ずっと満室だった日でも前日に突然空室が出ることもあります。
直前だとキャンセル料がかなり高額になりますが、やむを得ない理由で旅行自体をキャンセルする方もいるので、「急な宿泊決定でも喜んでいく!」という方はあきらめずに予約サイトをチェックし続けてくださいね。

【予約開始後に予約を取るコツ】

●希望の客室が満室でもキャンセル拾いで予約できる可能性がある

●キャンセル料が発生するタイミングまたは増額するタイミングは特にマメにチェックしよう

●ずっと満室でも前日に空きが出ることもあるので、直前でも行ける人は諦めずにチェックしてみよう

【予約開始後】部屋にこだわらない人は旅行サイトもチェック!

大手の旅行会社はホテルミラコスタの宿泊枠を持っています。

「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室は人気のため、部屋タイプの選択肢が少ない、または取り扱いが無い場合もありますが、「ミラコスタに泊まれるなら部屋タイプは問わない」という方は旅行サイトもチェックしておきましょう。

希望日が満室だったとしても、サイトによってはキャンセル待ちの登録ができる場合があります。

【チェックしておきたい旅行サイト】
日本旅行JTB
近畿日本ツーリスト
一休
楽天トラベル
じゃらん
ヤフートラベル

※各旅行サイトのリンクをクリックするとミラコスタのプランのページが閲覧できます。

予約は「申込金」が必要!とりあえずの予約は控えよう

公式サイトで宿泊予約をする場合は「申込金」を支払う必用があります。

金額と期限は以下の通りです。

申込金 デラックスタイプ:1部屋1滞在につき30,000円
バリュータイプ:1部屋1滞在につき15,000円
支払い期限 予約から10日以内(支払い期限を過ぎたら予約はキャンセル扱いになる)

※デラックスタイプ・・・ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル
※バリュータイプ・・・東京ディズニーセレブレーションホテル

予約時に支払った申込金は宿泊料金の一部となるので、残金は宿泊当日にホテルで支払います。
また、予約のキャンセル料が発生した場合は、申込金から所定の金額が徴収されます。

このようなルールができたのは、宿泊が正式に決まっていない状態での仮予約や、転売目的の悪質な予約への対策と考えられます。

ホテルミラコスタの予約は激戦とわかっているだけに、希望日または希望の客室でなくても空きを見つけたら「とりあえず予約しておこう」と考える人が多いです。
宿泊する15日前までならキャンセル料はかからないので、それまでは仮予約としてキープしておくことができるのです。

しかし、本当にその日その部屋に泊まりたいと思っているゲストにとっては迷惑な話ですよね。

「予約時に申込金を支払う」というルールが決まってからは気軽に予約できなくなったので、以前よりは仮予約をする人が減ったと思われます。

まとめ

ホテルミラコスタはディズニー直営ホテルの中で最も早く予約が埋まってしまいます。
特に、下記のような希望がある場合は大激戦を潜り抜ける必要があります。

●「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室を予約したい
●土・日・祝日・長期連休中・クリスマスなどのイベント当日にホテルミラコスタに宿泊したい

そのため、受付開始のタイミングで予約が取れなかったとしても「あたりまえ」と思って、キャンセル拾いを頑張りましょう!

※ホテルミラコスタで誕生日や記念日をお祝いしたい方はこちらの記事をご覧ください。

ディズニーホテルで誕生日や記念日をお祝い!予算別におすすめプランを紹介

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。