香港ディズニー「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」鑑賞ガイド

10点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」は香港ディズニーランドで大人気のエンターテインメントショーです。

もともと評判が良いことは知っていましたが、鑑賞したら「香港ディズニーランドを訪れたら最優先で見るべきショーだ!」と実感しました。

そこで今回は、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」の公演時間の確認方法、優先入場する方法、おすすめの鑑賞席などを詳しく解説いたします。

※ショーのネタバレを見たくない方のため、この記事では名シーンの写真をあえて公開せずに記事を作成しています。

ショーの基本情報

まずはシアターの場所や公演時間など、基本的な情報からチェックしましょう。

シアターはファンタジーランドにある

ファンタジーランドの「ディズニー・ストーリーブック・シアター」で公演

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」はファンタジーランド内にあるで公演しています。

メインストリートUSAを通り抜けて、右奥に続く道を直進するとシアターに辿り着きますよ。

目印はこちらの看板です。

シアター入口にある看板

公演時間と回数は公式サイトをチェック

毎日の公演スケジュールは公式サイトまたは公式アプリにて公開されています。

公式サイトではこのように表示されます。

公演スケジュールは公式サイトでチェックできる

日付の横のカレンダーマークをクリックすると1週間先までスケジュールを確認することができました。
旅行前に当日の計画を立てることができるので助かりますね。

優先入場レーンあり

入場口は一般レーンと優先レーンに分かれている

「ディズニー・ストーリーブック・シアター」の入場口は“一般レーン”と“優先レーン”に分かれています。

優先レーンに並ぶことができるのは、マジックアクセス・プラチナ(年間パスポート)を持っていて事前にショーの鑑賞予約をしたゲストと、香港ディズニーランドホテルで優先入場券をもらったゲストだけです。

一般レーンの場所

一般レーンに並ぶ場合は、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」と書かれた看板がある入場口から入ります。
通路には屋根があり扇風機も設置されていますが、屋外なので春~夏は暑いです。
水分補給をしながら並んでくださいね。

優先レーンの場所

優先レーンに並ぶ場合は、シアターの左側の道(イッツ・ア・スモールワールドへ続く道)を少しだけ下って右折してください。
道なりに進むと鉄道の高架下にキャストが待機しているので、マジックアクセスのカードまたは優先チケットを提示します。

列の前方なら屋根の下に並べますが、大半のゲストが屋根が無い場所に並ぶことになるので、春~夏は熱中症対策をして来場してくださいね。

 

優先レーンに並んだゲストは開演15分前になったらシアター内に入場できます。
自由席なので、早い者勝ちで好きな場所を選べます。

優先レーンのゲストが全員入場したら、一般レーンのゲストの入場が始まります。

ショーは写真撮影OK

公演中は液晶画面・フラッシュを使った撮影でなければ写真撮影OKです。

ただ、かなり見ごたえのあるショーなので、初めて鑑賞する場合は写真撮影は忘れてじっくり目に焼き付けて頂きたいです。

言葉が分からなくても楽しめる

キャラクターのセリフは広東語で、歌は英語です。

英語が分かる方は字幕を読みながらショーを楽しむことができます。
ステージ左右に本が積まれたセットがあるのですが、1番大きな本の背表紙に字幕が表示されます。

ステージ左右に字幕が表示される

私は広東語も英語もわかりませんが、ショーは歌が中心ですし、難しいストーリーではないので言葉が分からなくても十分楽しめましたよ。

●公演時間は1週間先まで公式サイトまたは公式アプリで公開されている

●マジックアクセス・プラチナ所持者と香港ディズニーランドホテルで優先入場券をもらったゲストは優先的に入場できる

●キャラクターは広東語で話すが、英語の字幕が表示される

ショーのあらすじ

ショーはミッキーマウスとグーフィーがオラフに出会うシーンから始まります。
香港ディズニーランドの公式サイトには、下記のようにあらすじが紹介されていました。

ミッキーとオラフが素晴らしい冒険に出発

不思議と魔法がいっぱいの本の存在を知ったミッキーとグーフィー。
ある晩、とうとう我慢できずに魔法の証拠を見つけ出そうとライブラリーへと忍び込みます。
すると驚くことに、本が勝手に開き、ハグが大好きなスノーマンのオラフが本から飛び出してきました!
ミッキーは、オラフが溶ける前に本の中へ帰してあげなければと気付き、本の中の冒険へと飛び込みます。
思いがけずにエンドレスでチャレンジがたくさんの冒険が始まったミッキーとグーフィー、そしてオラフ。
果たしてハッピリー・エバー・アフターは訪れるのでしょうか?

 

「ハッピリー・エバー・アフター」とは、物語の最後を締めくくる「いつまでも幸せに暮らしました」という言葉を意味します。

このショーは香港ディズニーランドの10周年を記念して始まったのですが、「ハッピリー・エバー・アフター」は10周年アニバーサリーイベントのテーマにもなっていました。

ショーに出演するキャラクターを紹介

ショーに出演するキャラクターをシーン別にご紹介します。

シーン 登場キャラクター
序章「Happily Ever After」 ミッキー
グーフィー
オラフ
第1章「ジャングルブック」 キング・ルーイ
第2章「リトル・マーメイド/塔の上のラプンツェル/メリダとおそろしの森」 アリエル
ラプンツェル
メリダ
第3章「アラジン」 ジーニー
アラジン
ジャスミン
第4章「プリンセスと魔法のキス」 ティアナ
第5章「アナと雪の女王」 エルサ
最終章「Happily Ever After」 ミッキー
グーフィー

ステージ上に登場するキャラクターは以上の10人です。
その他にも多数のシンガーとダンサーが出演しています。

ショーの3つの見どころ

ここからは、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」を初めて鑑賞する方に注目して頂きたいポイントを3つご紹介します。

トーキングミッキー&トーキンググーフィーに会える

トーキングミッキーとトーキンググーフィーが登場!

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」には、まばたきをしたり口を動かしたりする「トーキングミッキー」と「トーキンググーフィー」が登場します!

映像では観たことがありましたが、実際に目の前で見ると改めて衝撃を受けました。

ちなみに、香港ディズニーランドで会えるミッキーは2017年1月よりニューフェイスになっていますが、このショーに登場するトーキングミッキーは東京ディズニーリゾートで会えるミッキーの顔に似てます。

トーキングミッキーとニューフェイスミッキーの比較

映像と実写が融合する演出が面白い

ミッキーがステージ上と映像の中を行き来する!

ステージ上には大きな本のセットがあり、ページ部分に映像が投影されます。

映像の中のキャラクターと実際にステージ上にいるキャラクターが会話をするシーンがあるのですが、映像が美しくキャラクター達の演技も自然なのでふしぎと違和感が無いんです!

東京ディズニーリゾートでは見たことがない新鮮な演出で面白かったです。

プリンセスの生歌が素晴らしい

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」ではディズニーの名曲を生歌で聞くことができます。

キャラクターの歌唱力、曲のアレンジ、演出のすべてが素晴らしく、ディズニーのエンターテイメントのレベルの高さを見せつけられました。

私が特に感動したのがプリンセスの歌唱シーンです。
プリンセスファンはもちろん、ディズニー映画が好きな方なら絶対に感動しますよ!

●トーキングミッキーとトーキンググーフィーに会えるのはパーク内でここだけ!

●日本では見られない映像と実写の融合が面白い♪

●生歌の歌唱力に感動!ステージショーならではの演出は必見!

おすすめの鑑賞場所

客席15列目から見たステージ

最前列 ステージがすぐ目の前です。
出演キャラクターやダンサーが近くて迫力があります。
ただしステージ全体の写真撮影は難しいです。
前方~中列 ほどよい距離感で写真撮影にも適しています。
子連れの場合はこのあたりでの鑑賞がおすすめです。
中列~後列 ステージから距離があります。
開園ギリギリに入場して後列の席しか空いていなかった場合は、次の公演を待つことをおすすめします。
字幕を読みながらステージを見たい人には丁度いい距離かもしれません。

先ほどご紹介した通り、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」は優先レーンがあるため、一般レーンから入場する場合は前方に座るのは難しいかもしれません。

しかし、当日の混雑状況によっては一般入場レーンからでも前方に座れる可能性があるので、遅くても30分前には列に並び始めましょう。

シアターに関する3つの注意点

最後に、シアターに関する注意点を3つご紹介します。

冷房で寒くなる可能性がある

春~夏の暑い時期は、シアター内の冷房がしっかり効いています。
そのため、座ってショー待ちしていると人によっては寒さを感じるかもしれません。

ショーの公演時間は約30分と長めなので、冷房の寒さが苦手な方は薄手の羽織を用意することをおすすめします。

せっかくの素晴らしいショーなのに、寒さで集中できなかった!なんてことになったらもったいないですよ。

トイレは近くにあるが早めに行っておこう

トイレはシアター入場口のすぐ近くにある

トイレはシアターを出て右側にあります。
写真の左奥に写っている青い看板が目印です。

整列中にトイレに行きたい場合はキャストさんに声をかけましょう。
すぐ近くなので入場して席を取ってから行くことも可能ですが、混雑すると開園に間に合わない可能性もあるので早めに行っておきましょう。

ベンチタイプなので席の確保に注意

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」は自由席です。

また、シアター内の座席はベンチタイプで、映画館のように1席ずつ区切られているわけではありません。

そのため、トイレなどで席を離れる場合は隣の人にスペースを詰められないよう、席を確保しておかなくてはなりません。

ただし、貴重品を置いてその場を離れるのは危険なので、上着やサブバックなどでスペースを確保してくださいね。

●春~夏の時期は冷房が強いので薄手の羽織があると安心

●トイレが混雑する可能性があるので早めに済ませておこう

●自由席&ベンチタイプなので、席を離れる場合はスペースの確保をお忘れなく

まとめ

「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」は非常にレベルの高いエンターテイメントショーなので、香港ディズニーランドを訪れたらぜひチェックしてくださいね。
観ないと本当にもったいないですよ!

また、今となってはレアなトーキングミッキー&トーキンググーフィーが登場するという点も魅力のひとつです♪

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。