クラブ33(サーティースリー)はディズニーの会員制レストラン!招待か抽選で入れる?

4点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

クラブ33(サーティースリー)は東京ディズニーランドにある会員制のレストランです。

一般ゲストには非公開の施設のため、東京ディズニーリゾートの公式サイトを見ても情報は一切公開されていません。
しかしディズニーファンの認知率は高く、「いつか行ってみたい」と憧れている人も多いです。

クラブ33には一体どんな人が出入しているのでしょうか?
また、中はどうなっているのでしょうか?

この記事では、実際にクラブ33に行ったことがある知人からの情報をもとに、クラブ33の行き方やレストラン内の情報をご紹介します。

クラブ33はウォルト・ディズニーが作った施設

CLUB33はウォルト・ディズニーが客人を招待するために作ったレストラン

出典:東京ディズニーリゾート

クラブ33が誕生したのはカリフォルニアのディズニーランドです。
もともとウォルト・ディズニーが客人を招待するために作られましたが、ウォルトの死後は会員制レストランとして利用されることになりました。

現在は東京ディズニーランド、上海ディズニーランドにも同じ名前の施設があり、今後フロリダにもできるそうですよ。

ちなみに、名前の由来は「レストランの場所がニューオーリンズ・スクエア(テーマランドの名前)の33番地だったから」と言われています。

ワールドバザール内にある「33」の扉が目印

CLUB33の入口は三井住友銀行の隣

出典:東京ディズニーリゾート

東京ディズニーランドのクラブ33はワールドバザールにあります。
マップの★マークが「三井住友銀行」で、その右隣にある扉がクラブ33の入口です。

一般ゲストには非公開の施設なのでパークのマップには載っていませんが、扉に堂々と「33」と書かれているので知っている人は多いですよね。

扉は常に閉まっており、インターホンを押せばキャストさんが出迎えてくれます。
1階はエントランス&クロークで、2階がレストランフロアとなっています。

「ホームストア」の上がCLUB33

出典:東京ディズニーリゾート

生活雑貨を扱う「ホームストア」の上がクラブ33です。
意外と広そうですね。

外から内部が見えないようにレースのカーテンが閉まったままになっていますが、パレードの時間帯だけカーテンが開きます。

クラブ33という特等席からパレードを観れるなんて、優雅で羨ましいです。
東京ディズニーシーで言うと、ホテルミラコスタの客室やレストランからハーバーショーを眺めるイメージですね。

フランス料理のコースを提供

クラブ33で提供されてるのはフランス料理のコースです。
ディズニーランド内では販売していないアルコールも提供しています。

10,000円~20,000円ほどのコースがいくつか用意されているのですが、なんとバースデーコースを予約するとミッキーがクラブ33にかけつけてくれるそうです!

憧れのクラブ33に行けて、さらに個室でミッキーを独占できるなんて・・・想像するだけでため息がでますね。
ただしミッキーも忙しいですから、予約できるのは1日1~2組限定のようです。

ちなみに、クラブ33は食べログに登録されています。
非公開の施設なのに口コミや写真をチェックできちゃっていいの?と違和感がありますよね。
しかも、クラブ33は2013年から写真をWEB上に掲載することが禁止になりましたが、それ以降も写真が投稿され続けています。
大丈夫なのでしょうか・・・?

大半の方がルールを守って利用していると思いますが、堂々とレストラン内や料理の写真を載せている人が多いことに驚きました。

オリジナルグッズを販売してる

クラブ33ではオリジナルグッズの販売も行っています。

と言っても、パーク内のショップのようにグッズがずらりと並んでいるわけではなく、1つ1つショーケースに飾られています。

【過去に登場したグッズ】
・ぬいぐるみセット
・ハンドタオル
・バッグ
・ポーチ
・財布
・腕時計
・扇子
・キーホルダー
・ストラップ
・プレート
・ティーカップ
・ピンバッチセット など

いずれも「33」というロゴが入った高級感のあるデザインです。
私はお土産にポーチを頂きましたが、とても素敵でもったいなくて、まだ1度も使用していません(^^;)

価格はパーク内で販売されているグッズよりもお高めです。
当然ですが転売目的での購入は禁止されており、購入できるのは一種類につき5個までという制限があります。

ちなみに売り切れたグッズが再販されることは無いそうなので、現在のラインナップは不明です。
クラブ33に行った人だけが知れるお楽しみですね。

その他の特典・待遇

他にもクラブ33利用者だけがもらえる特典や特別待遇があるのでご紹介します。

名前入りのお土産がもらえる

クラブ33を利用すると、利用日と自分の名前が入ったマッチケース&シールがもらえます。

以前はマッチケースの中にマッチが入っていたそうですが、最近は中身がシールに変わりました。

シールのデザインは5種類で、ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーがデザインされています。

並ばずに入園できる

CLUB33を予約してる人は「ゲストリレーション」横の出入口から入園できる

出典:東京ディズニーリゾート

クラブ33利用者は入園ゲートに並ぶ必要はありません。

パーク外にあるゲストリレーションという施設に行って「クラブ33を予約している○○です」と伝えると、パスポートにスタンプを押してもらえて、ゲストリレーションの横にある出入口から入園することができます。

開園時間ギリギリに到着しても並ばずにすぐに中に入れますよ。

パークの近くに駐車できる

クラブ33利用者は、パークに近い場所に駐車させてもらえます。

駐車場の入口にいるキャストさんに「クラブ33を予約している○○です」と伝えると、予約リストを確認したのちに一般ゲストとは違う場所へ案内されるそうです。

通常、混雑している日はパークからかなり離れた場所に車を停めることになりますが、このような特別待遇のゲストのためのスペースが確保されているんですね。

クラブ33に行く2つの方法

クラブ33は会員制レストランとご紹介しましたが、現在は新規会員の募集は行われていません。
基本的にはディズニー関係者が接待用に使う場所となっています。

そのため、会員でない人がクラブ33へ行く方法は以下の2つしかありません。

【方法1】クラブ33の会員に招待してもらう

1つ目は、クラブ33の会員に招待してもらうという方法です。
会員本人と同行できない場合は、会員に予約をしてもらえば紹介された人だけでレストランを利用することも可能です。

しかし、一般人がクラブ33の会員と知り合うことはかなり困難です。

会員になっているのはオフィシャルスポンサー関係者や大物政治家、ディズニーの仕事に携わっている芸能人など様々な噂がありますが、いずれも一般人とは無縁な人ばかりです。

一般会員もいるようですが、高額の入会費と年会費(500万円との噂)を支払えるようなセレブですから、普通の生活をしていたらまず出会わないですよね。

【方法2】JCBザ・クラスを取得する

2つ目は、JCBザ・クラスを取得して抽選に申し込むという方法です。

JCBザ・クラス会員は、年に1回「東京ディズニーランド会員制レストランご利用に関するご案内」が届きます。
会員制レストランとはもちろんクラブ33のことです。

これはランチコースの席を用意してもらえるプランの申込用紙で、希望日を出して抽選に当選すればクラブ33を利用することができます。

以前はJCBザ・クラス会員であれば1年に1回最大8名までクラブ33を予約することができました。
しかし、2016年から抽選での招待に変わり、人数も最大4名までになってしまいました。

JCBザ・クラス会員でもクラブ33に行けるのは運次第というルールになってしまいましたが、それでも一般ゲストがクラブ33を利用できる方法の1つのため、このカードを取得することを目標にしているディズニーファンは多いです。

まとめ

クラブ33はもともと関係者が利用するための施設なので、一般ゲストが簡単に利用できないのは当然のことです。

ネットで検索すると「会員に招待してもらいました♪」という人の感想が出てきますが、それはごく一部のラッキーさんです。

「どうにかして行ってみたい」「行ってる人ずるい、羨ましい・・・」という声も多いですが、基本的には関係者しか立ち入れない場所ですから、「公式マップに載っていない施設がいろいろあるんだな!おもしろいな!」と受け止めましょう(^^)

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。