ディズニー好きの女性は持つべき!おすすめのクレジットカードを紹介

4点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

ディズニー大好きな女性がクレジットカードを作るなら「JCB CARD W plus L」をおすすめします!

キャラクターがデザインされた「ディズニー★JCBカード」も人気ですが、以下の条件に該当する方は「JCB CARD W plus L」を利用するメリットがたくさんあるんですよ。

・18歳~39歳の方
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーによく行く
・ポイントをたくさん貯めて得したい

この記事では、ディズニーファンの女性に「JCB CARD W plus L」をおすすめする4つの理由をご紹介しますので、これからクレジットカードを作る予定の方は参考にしてくださいね。

JCB CARD W plus Lの公式サイトはこちら

ディズニー好きにJCB CARD W plus Lがおすすめの4つ理由

さっそくJCB CARD W plus Lのおすすめの4つの理由を解説します。

年会費無料

JCB CARD W plus Lは年会費無料です!
39歳までに申し込めば、その後の年会費は一切かかりません。

一方、ディズニー★JCBカードは2,000円(ゴールドカードは13,000円)の年会費がかかります。

ポイントの還元率が高い(10倍キャンペーン実施中)

JCB CARD W plus LはOki Dokiポイントを早く貯めることができます。

Oki DokiポイントとはJCBカードの毎月の利用額に応じて付与されるポイントで、貯まったら好きな商品と交換することができます。

Oki Dokiポイントで交換できる商品

商品のラインナップには生活家電、グルメ、美容グッズ、他社ポイントやマイルへの移行など様々な選択肢がありますが、その中にディズニー関連の商品も用意されています。

東京ディズニーリゾート関連の商品 交換ポイント
東京ディズニーリゾート・パークチケット
※入園保証付き
3枚:4,800ポイント
2枚:3,200ポイント
1枚:1,600ポイント
ディズニーアンバサダーホテル ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊利用券
※パークチケット(ペア2日分)、朝食付き
71,000ポイント
スタンダードフロア スーペリアルーム宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
17,500ポイント
カリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」ペア食事券 5,100ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツァビュー)宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
20,000ポイント
ヴェネツィア・サイド スーペリアルーム宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
19,000ポイント
トスカーナ・サイド カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
19,500ポイント
地中海料理レストラン「オチェーアノ」もしくは中国料理レストラン「シルクロードガーデン」ペア食事券 7,500ポイント
東京ディズニーランドホテル コンシェルジュ・スーペリアアルコーヴルーム(パークグランドビュー)宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
24,000ポイント
エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ「カンナ」ペア食事券 3,600ポイント
東京ディズニーセレブレーションホテル ディスカバーまたはウィッシュ スタンダードルーム宿泊利用券
※パークチケット(ペア1日分)付き
15,000ポイント

※2018年2月18日~2019年12月16日までの商品です。

Oki Dokiポイントの還元率

Oki Dokiポイントは合計利用額1,000円(税込)につき1ポイント付与されますが、JCB CARD W plus Lならポイントが常に2倍になります(還元率1.0%)!

さらに、JCBオリジナルシリーズパートナー(優待店)で利用するとポイント還元率が最大5.5%にアップします!

例えばスターバックスなら10倍、セブン-イレブンやAmazonなら3倍もポイントがもらえますよ。

ポイント10倍キャンペーン実施中】

2019年12月31日(火)までにJCB CARD W plus L入会すると、3ヵ月間ポイントが10倍(+8倍)になります!

Oki Dokiポイントはディズニー★JCBカード対象外

ディズニー★JCBカードを使ってもOki Dokiポイントを貯めることができません。
その代わりに「ディズニーポイント」が200円につき1ポイント付与されます(還元率0.5%)。

ディズニーポイントの使い道はディズニー関連に限定されています。

・東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ディズニーストアで使う(1ポイント=1円)
・ディズニー関連の商品と交換(ディズニー映画MovieNEX、ディズニー映画劇場鑑賞券、オリジナルグッズなど)

Oki Dokiポイントのように、ディズニー以外の様々な商品と交換したり、他社ポイントやマイルへ移行することはできないと覚えておいてください。

JCBマジカルに応募できる

出典:JCBカード

JCBカードの会員は「JCBマジカル」に応募することができます。

JCBマジカルとは、抽選で東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのパークチケットやディズニーホテルの宿泊が当たるキャンペーンの名前です。

ディズニー★JCBカードを持っていれば抽選口数が2倍になるというメリットがありますが、JCB CARD W plus Lを持っている人も応募できるので、豪華賞品が当たるチャンスはありますよ!

【JCBマジカル2019・第1弾の詳細】

コース プレゼント内容 当選数
2人で仲良し貸切コース 1等:ディズニーアンバサダーホテル宿泊+貸切ご招待券 100組200名様
2等:貸切ご招待券 1,500組3,000名様
4人でわいわい貸切コース 1等:東京ディズニーランドホテル宿泊+貸切ご招待券 100組400名様
2等:貸切ご招待券 1,600組6,400名様
パークチケット 東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア) 3,000組6,000名様
Wチャンス賞 JCBマジカルオリジナルグッズ 44,000名様

【JCBマジカル2019・第2弾の詳細】

コース プレゼント内容 当選数
宿泊2名コース ディズニーアンバサダーホテル宿泊+東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア) 100組200名様
宿泊4名コース 東京ディズニーセレブレーションホテル宿泊+東京ディズニーリゾート・パークチケット(4枚) 200組800名様
パークチケット 東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア) 5,000組10,000名様
Wチャンス賞 JCBマジカル オリジナル紙袋風保冷バッグ 20,000名様

※第1弾の参加期間:2019年6月15日まで
※第2弾の参加期間:2019年12月15日まで

パークでも使える電子マネーに登録できる

出典:JCBカード

「JCB CARD W plus L」はApple Pay、Google Payに登録することができます。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは2018年11月から電子マネーが利用できるようになったので、Apple PayやGoogle Payに登録すればパークでの支払いがスムーズになりますよ。

【全員に20%キャッシュバックキャンペーン実施中】

2019年12月15日(日)までにApple PayまたはGoogle Payをスマホに設定して利用すると、もれなく20%(カード1枚あたり最大1万円)キャッシュバックされます!

JCB CARD W plus Lの公式サイトはこちら

ディズニーリゾートの支払方法に電子マネー追加!種類や注意点を徹底解説!

JCB CARD W plus L とディズニー★JCBカードを比較

出典:JCBカード

「JCB CARD W plus Lのメリットはわかったけど、やっぱりディズニー★JCBカードも気になる」という方のため、カードの特徴の比較表を作りました。

カードの種類 JCB CARD W plus L ディズニー★JCBカード
年会費 無料 一般カード:2,000円
ゴールドカード:13,000円
貯まるポイント Oki Dokiポイント ディズニーポイント
ポイントの還元率 1.0%(優待店なら1.5~5.5%) 一般カード:0.5%
ゴールドカード:1.0%
ポイントと交換できる商品 様々な商品(ディズニー関連の商品を含む) ディズニー関連の商品のみ
JCBマジカル 応募可能 応募可能(抽選口数が2倍)
カードのデザイン 2種類(ディズニーなし) 13種類(ディズニーデザイン)
その他の特典 ・女性特有の病気を手厚く補償する保険に入れる
・カードの利用で美容グッズのプレゼントや映画の鑑賞券などのプレゼントや特典が毎月当たる
・ディズニーデザインの継続グッズプレゼント
・会員限定キャラクターグリーティング開催(抽選制)
・パークにて会員限定イベント開催(抽選制)

JCB CARD W plus LはOki Dokiポイントの還元率が高く、貯まったポイントはディズニーのパークチケットやホテル宿泊利用券を含む様々な商品と交換することができます。
また、ディズニーの抽選キャンペーン「JCBマジカル」の応募も可能です。

つまり、ディズニー★JCBカード会員ならではのメリットは下記3点ということになります。

①ディズニーデザインのカードが持てる
②継続グッズがもらえる
③会員限定のキャラクターグリーティング&イベントに応募できる

ただ、③については抽選制なのでもちろん当選しないと参加することはできません。
倍率の高い土日・祝日のイベントしか応募できない人の場合は、なかなか参加できない可能性が高いです。

そのため、「年会費がかかっても、ポイントの還元率が0.5%でも、①②のメリットが魅力的」と感じる方であればディズニー★JCBカードをおすすめしますが、逆に「意外とメリットが少ない」と感じるのあればJCB CARD W plus Lで十分満足できるでしょう。

まとめ

【JCB CARD W plus Lはこんな人におすすめ】

・18歳~39歳の女性
・年会費無料のカードを希望する
・ポイントを早くたくさん貯めて、ディズニーのパークチケットやホテル宿泊利用券と交換したい
・女性向けの優待もあると嬉しい

「ディズニーが大好きな人が持つカード=ディズニー★JCBカード」というイメージがあると思いますが、JCB CARD W plus Lを持つメリットもたくさんあります。

Oki Dokiポイントを貯めやすいカードなので早くパークチケットやホテルの宿泊利用券などの商品と交換することができますし、JCBマジカルにも応募できます。
年会費無料や女性向けの優待があるという点も嬉しいですよね。

今なら3ヵ月間Oki Dokiポイントが10倍になるキャンペーン(2019年12月31日までの入会が対象)や、Apple PayまたはGoogle Payの利用で20%キャッシュバックされるキャンペーン(2019年12月15日までの利用が対象)を実施中なので、JCB CARD W plus Lを申し込むならこのタイミングがおすすめですよ。

JCB CARD W plus Lの公式サイトはこちら

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。