ディズニープラスで配信中の作品一覧!メリット・デメリットも紹介

14点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

Disney+ (ディズニープラス)は2019年11月に誕生したディズニー公式の動画配信サービスです。

2020年6月11日より、いよいよ日本でもサービスが開始しました!

「どんな映画が見放題なの?」
「料金はいくら?」
「ディズニーデラックスとの違いは?」

そんな疑問を解決するため、今回はDisney+ (ディズニープラス)の基本情報や配信作品一覧、そして入会するメリット・デメリットを徹底解説いたします!

Disney+ (ディズニープラス)の公式サイトはこちら

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)の基本情報

まずはDisney+ (ディズニープラス)の基本情報からご紹介します。

ディズニーをはじめとする5ブランドの作品が楽しめる

出典:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)では、下記ブランドの映像作品やアニメーションを見放題で配信しています。

ディズニー
ピクサー
マーベル
スター・ウォーズ
●ナショナル ジオグラフィック

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックと、ディズニーの5つのブランドの、映画、海外ドラマ、キッズ向けTVコンテンツ、ドキュメンタリー等が一同に、お楽しみいただけます。

「アラジン」「ライオン・キング」「アナと雪の女王」などの長編アニメーション作品はもちろん、短編作品、実写作品、ピクサー作品、マーベルやスター・ウォーズのシリーズ作品、海外ドラマ、ドキュメンタリー等、幅広いコンテンツが見放題の対象となっています。

また、Disney+ (ディズニープラス)が制作する独自作品を楽しめるというメリットもありますよ。

さらに、ウォルト・ディズニー・カンパニーが2019年に買収した21世紀フォックスの傘下であるナショナル ジオグラフィックの作品も対象です。
アニメ『ザ・シンプソンズ』も全30シーズン配信されています。

ディズニーデラックス会員はそのまま視聴可能

ディズニーデラックス会員の方は、契約の変更をすることなくDisney+ (ディズニープラス)を楽しむことができます。

月額料金の変更や追加料金は発生しません。

ディズニーデラックスとは日本で2019年3月より開始したサービスで、「ディズニー」「ピクサー」「スター・ウォーズ」「マーベル」の4ブランドの作品を配信していました。

Disney+ (ディズニープラス)の日本上陸にあたり、ディズニーデラックスは終了するのでは?という噂もありましたが、結果としてディズニーデラックス会員が使用できる動画配信サービスアプリ「ディズニーシアター」が「Disney+ (ディズニープラス)」にアップデートされる形となりました。

月額700円+税(dアカウントで入会した場合は初月無料)

Disney+ (ディズニープラス)の月額料金は700円(税込770円)です。

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料でDisney+ (ディズニープラス)をお試しできますよ。
無料期間終了後、月額料金が発生します。

月額500円で楽しめる「Amazonプライムビデオ」や「dTV」に比べると月額700円は高く感じるかもしれませんが、他の動画配信サービスでディズニー映画を観る場合は課金をしなければなりません。
レンタルだと1作品につき300~400円ほどかかります。

つまり、Disney+ (ディズニープラス)は月に2~3本の映画を視聴すれば元が取れることになるのです。

ディズニーを始めとする5ブランドの作品を視聴することが目的の方にとってはコスパが良いですよね!

動画はダウンロード可能

Disney+ (ディズニープラス)にはダウンロード機能があり、会員であれば個別課金なしで利用可能です。

あらかじめ作品データをダウンロードしておけば、様々なシーンで動画を視聴することができますよ。

パケット容量や通信速度を気にすることなく作品を楽しめるのは嬉しいですね!
電波の届きにくい地下鉄や、機内モードに設定した後の飛行機の中など、移動中でも視聴可能です。

なお、ダウンロードした作品はDisney+ (ディズニープラス)アプリでのみ再生可能です(Android、iOSのスマートフォン・タブレットにて視聴)。

英語音声、英語字幕にも対応

動画の音声は日本語・英語に対応しています。
また、日本語・英語の字幕のON/OFFを自由に組み合わせて視聴することができます(作品によっては例外あり)。

Disney+ (ディズニープラス)はお子さま向けの動画も多いので、初心者の英語学習にもピッタリ!と評判なんですよ。

名曲を歌いながら英語を覚えられるというディズニーならではのメリットもありますね。

海外での利用は不可

日本版のDisney+ (ディズニープラス)は日本国内のみで利用できるサービスなので、海外で動画を視聴することはできません。

海外で利用したい場合は、当該国で展開しているDisney+ (ディズニープラス)会員になる必要があります。

なお、海外からも日本版のDisney+ (ディズニープラス)にアクセスできる場合がありますが、通信料金が日本国内とは異なるのでご注意ください。

【基本情報まとめ】

●月額700円(税込770円)で作品見放題

●ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5ブランドの作品が月額料金だけで視聴できるのはDisney+ (ディズニープラス)だけ

●ディズニーデラックス会員は追加料金なしでDisney+ (ディズニープラス)会員に移行できる

●あらかじめ作品データをダウンロードしておけば、オフライン環境でも動画を視聴できる

●動画は英語の音声・字幕にも対応しているので英語学習にもおすすめ

●海外では動画を視聴することはできない

Disney+ (ディズニープラス)の公式サイトはこちら

Disney+ (ディズニープラス)

配信作品

それでは、具体的にどのような作品が見放題なのかチェックしていきましょう。

※日本での配信未定作品の情報も含みます。

Disney+ (ディズニープラス)独自作品の一例

ディズニー

出典:Disney+ (ディズニープラス)

ジャンル タイトル 解説
ドラマ ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル テレビ映画シリーズ「ハイスクール・ミュージカル」のドラマ版
実写映画 わんわん物語 アニメーション映画『わんわん物語』の実写版
トーゴ― 犬ぞりチームによる血清リレーの実話を映画化
名探偵ティミー 11歳の少年が主人公のキッズ・アドベンチャームービー
スターガール ジェリー・スピネリのベストセラー小説をもとに制作された青春ムービー
番組 イマジニアリング~夢を形にする人々 ディズニーパークの裏側やイマジニアの仕事を紹介するドキュメンタリーシリーズ
ある日 ディズニーで ディズニーの様々な部門のキャストに密着するドキュメンタリーシリーズ
ディズニーの舞台裏 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーの裏側を紹介する番組

 

ピクサー

出典:YouTube/Pixar

ジャンル タイトル 解説
アニメ ボー・ピープはどこに? ピクサー映画『トイ・ストーリー』のボー・ピープを主人公にしたスピンオフ作品
フォーキーのコレって何? ピクサー映画『トイ・ストーリー4』のフォーキーを主人公にしたスピンオフ作品
SparkShorts シリーズ ピクサー制作の新しいショート・フィルム作品

 

マーベル(公開予定作品)

出典:YouTube/Marvel Entertainment

※以下すべて日本での配信未定作品です。

ジャンル タイトル 解説
ドラマ The Falcon and The Winter Soldier(原題) 「キャプテン・アメリカ」のファルコンとウィンター・ソルジャーを主人公にしたオリジナルドラマ
WandaVision(原題) 「X-MEN」のスカーレット・ウィッチと「アベンジャーズ」のヴィジョンを主人公にしたオリジナルドラマ
Loki(原題) 「マイティ・ソー」のロキを主人公にしたオリジナルドラマ
Hawkeye(原題) 「アベンジャーズ」のホークアイを主人公にしたオリジナルドラマ
Ms.MARVEL(原題) イスラム系の女性ヒーローの物語
MOON KNIGHT(原題) 神の化身として蘇ったヒーローの物語
SHE HULK(原題) ハルクの従姉妹ジェニファー・ウォルターズを主人公にしたオリジナルドラマ
アニメ What If…?(原題) MCU初のアニメーション作品

 

スター・ウォーズ

出典:YouTube/Walt Disney Studios

ジャンル タイトル 解説
ドラマ マンダロリアン 「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」の5年後を舞台としたスピンオフ作品
番組 ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン 「マンダロリアン」の裏側に迫る8話構成のドキュメンタリー・シリーズ

 

ナショナル ジオグラフィック

出典:YouTube/Walt Disney Studios

ジャンル タイトル 解説
番組 フリーソロ フリーソロ・クライマーのアレックス・オノルドに徹底的に密着した美しいドキュメンタリー
発掘!マヤの失われた秘宝 ナショナル ジオグラフィックの探検家アルバート・リンがグアテマラのジャングルを訪れ、先端技術を駆使した新たな宝の地図がいかにして何万もの古代遺跡を明らかにしていくのかを探る
ジェフ・ゴールドブラムの世界探求 俳優ジェフ・ゴールドブラムが生活の身近なものと世界との繋がりを明かし、魅力的な科学の世界に迫っていく番組
地球が壊れる前に 画制作者のフィッシャー・スティーヴンスと俳優で環境活動家や国連ピース・メッセンジャーの顔も持つレオナルド・ディカプリオが気候変動によって世界で起きている劇的な変化に迫る

ディズニー作品の一例

出典:Disney+ (ディズニープラス)

長編アニメーション映画
1930年代~1950年代 白雪姫
ピノキオ
ファンタジア
ダンボ
バンビ
シンデレラ
ふしぎの国のアリス
ピーター・パン
わんわん物語
眠れる森の美女
など
1960年代~1980年代 101匹わんちゃん
ジャングル・ブック
おしゃれキャット
ロビン・フッド
くまのプーさん 完全保存版
ビアンカの大冒険
コルドロン
リトル・マーメイド
など
1990年代 美女と野獣
アラジン
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ライオン・キング
ポカホンタス
ノートルダムの鐘
ヘラクレス
ムーラン
ターザン
など
2000年代 ファンタジア2000
アトランティス 失われた帝国
リロ・アンド・スティッチ
ブラザー・ベア
チキン・リトル
ボルト
プリンセスと魔法のキス
など
2010年代~ 塔の上のラプンツェル
シュガー・ラッシュ
アナと雪の女王
ベイマックス
ズートピア
モアナと伝説の海
アナと雪の女王2
など

 

ショートムービー

蒸気船ウィリー
ミッキーの大演奏会
ミッキーのアイス・スケート
ッキーの夢物語
ミッキーの巨人退治
ドナルドの海水浴
ドナルドのダンス大好き
グーフィーのスキー教室
グーフィーのオリンピック教室
プルートの二等兵
リスの住宅難
リスの汽車ごっこ
ラプンツェルのウエディング2012
アナと雪の女王 エルサのサプライズ2015
アナと雪の女王 家族の思い出2017
など

実写映画

メリー・ポピンズ
ロジャー・ラビット
101
ナルニア国物語
魔法にかけられて
アリス・イン・ワンダーランド
パイレーツ・オブ・カリビアン
ウォルト・ディズニーの約束
マレフィセント
シンデレラ
美女と野獣
プーと大人になった僕
ダンボ
アラジン
ライオン・キング
ムーラン(2020年9月4日より配信)
など

※実写映画「ムーラン」はプレミアアクセス料金(2,980円+税)を追加で支払うと視聴することができます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

ピクサー作品の一例

出典:Disney+ (ディズニープラス)

トイ・ストーリー1~4
バグズ・ライフ
モンスターズ・インク
ファインディング・ニモ
Mr.インクレディブル
カーズ
レミーのおいしいレストラン
ウォーリー
カールじいさんの空飛ぶ家
カーズ2
メリダとおそろしの森
モンスターズ・ユニバーシティ
インサイドヘッド
ファインディング・ドリー
カーズ/クロスロード
リメンバー・ミー
インクレディブル・ファミリー
など

その他、ショート・フィルムやスピンオフ作品も配信されています。

ピクサーとディズニーの関係とは?長編映画とショート・フィルム一覧

マーベル作品の一例

出典:Disney+ (ディズニープラス)

アイアンマン2
アイアンマン3
マイティ・ソー
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
マイティ・ソー バトルロイヤル
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
アベンジャーズ
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/エンドゲーム
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
アントマン
アントマン&ワスプ
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ドクター・ストレンジ
ブラックパンサー
キャプテン・マーベル
など

その他、キッズ番組やショートムービーも配信されています。

スター・ウォーズ作品の一例

出典:Disney+ (ディズニープラス)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復習
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け※
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
マンダロリアン
など

その他、キッズ向け作品やドキュメンタリー番組も配信されています。

TV番組・オリジナル番組の一例

出典:Disney+ (ディズニープラス)

アニメ番組 キム・ポッシブル
ミッキーマウス クラブハウス
プーさんといっしょ
フィニアスとファーブ
スティッチ!
ちいさなプリンセス ソフィア
ミッキーマウス!
ライオン・ガード
ツムツム
ラプンツェル ザ・シリーズ
ダックテイルズ
アバローのプリンセス エレナ
101匹わんちゃんストリート
ベイマックス&モチ
ザ・シンプソンズ
など
海外ドラマ・映画 スイート・ライフ
シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ
ウェイバリー通りのウィザードたち
ジョナス
シェキラ!
オースティン&アリー
ブログ犬 スタン
ガール・ミーツ・ワールド
ティーン・スパイ K.C.
ディセンダント
アンディ・マック
ファスト・レイン
など
情報番組 Disney イッツ・ア・クイズワールド
Disney マイ・ミュージック・ストーリー
など

 

●ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの長編作品のほとんどが対象

●ショート・フィルム、スピンオフ作品、ドキュメンタリー番組なども対象

●ミッキー&フレンズが出演するクラッシック作品、ディズニーチャンネルの特撮テレビドラマも一部配信

●Disney+ (ディズニープラス)オリジナル情報番組も配信

Disney+ (ディズニープラス)の公式サイトはこちら

Disney+ (ディズニープラス)

【視聴方法】複数のデバイスで視聴できる

続いては、ディズニーデラックスの視聴方法を解説します。

Disney+ (ディズニープラス)は、テレビ、スマートフォン、タブレット、PC、セットトップボックス(Amazon FireTV、Apple TV、Android TV、ドコモテレビターミナル、Chromecast)で最大5台まで登録できます。

同時視聴は最大4人まで可能です。

月額利用料は700円(税別)なので、家族4人で楽しむ場合は1人あたり175円で動画見放題ということになりますね!

ちなみに、「Amazonプライムビデオ」は最大3台まで、「TELASA」「dTV」「ビデオマーケット」は同時視聴不可となっています。
Disney+ (ディズニープラス)は家族みんなで視聴できて便利ですね。

【入会方法】dアカウントとディズニーアカウントを取得

出典:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)はドコモとの協業サービスですが、ドコモ回線を契約していない方でも「dアカウント」と「ディズニーアカウント」を取得すれば入会できます。
アカウントの取得はもちろん無料ですよ。

ステップ1:dアカウントを利用して入会手続きを行う

Disney+ (ディズニープラス)の公式サイトの「はじめてなら初月無料でお試し」というバナーから入会手続きのページにアクセスしてください。

dアカウントをお持ちの方はログインします。
dアカウントを持っていない方は、新規登録をしてください。
ログインが完了したら、ディズニーデラックスの申し込み手続きに進めます。

ステップ2:ディズニーアカウントにログイン

dアカウントによる申し込み手続きが完了したら、ディズニーアカウントにログイン(※)します。
ディズニーアカウントを持っていない方は、新規登録をしてください。
ログインが完了したら、ディズニーデラックスのすべての登録が完了します。

※ディズニーアカウントとは・・・
ディズニー公式サイトをはじめ、ディズニーの各種オンラインサービスを利用する際に必要なメンバーシップです。東京ディズニーリゾートアプリの利用時や、ディズニーストアクラブの会員登録時などにもディズニーアカウントが必要となります。

 

ステップ3:アプリをダウンロード

動画視聴アプリ「ディズニープラス」と、特別映像や限定特典が楽しめるアプリ「ディズニーDX」が利用できるようになります。
使用中の端末に合わせて、App StoreまたはGoogle Playからダウンロードしてください。

【支払方法】ドコモケータイ払いまたはクレジットカード払い

Disney+ (ディズニープラス)は、毎月1日に1日から末日までの1ヵ月分の利用料の課金が発生します。

利用料の支払方法は、dアカウント取得時に登録した方法に準じます。

利用しているケータイ 支払い方法
ドコモの場合 ドコモケータイ払い
または
クレジットカード払い
ドコモ以外の場合 クレジットカード払い

ドコモユーザー以外の方はクレジットカード払い一択です。

支払方法の選択肢が少ないのはちょっと残念なポイントですね。
デビットカードやプリペイドカードも利用できないのでご注意ください。

ディズニー好きの女性は持つべき!おすすめのクレジットカードを紹介

【会員特典】会員限定キャンペーンやサービスも充実

出典:Disney+ (ディズニープラス)

ディズニーデラックスでは、動画配信以外にも会員限定のサービスや特典が用意されています。
(2020年9月28日更新)

会員特典 内容
ディズニーストア特典 ディズニーストアで1回3,000円(税込)以上のお買い物をすると500円OFF
ショップディズニーでのお買い物は10%OFF
※2020年10月16日~18日まで
期間限定イベント特典 「ピクサーフェスト」OH MY CAFEにてディズニープラスオリジナル「トイ・ストーリーのしおり」をプレゼント!
※東京・大阪は8月28日から、名古屋は9月4日から期間限定オープン
大丸梅田店にて開催される「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」の当日券から一般200円引き/高大生・小中生100円引き
※2020年8月10日~11月23日まで
Dポイントカードの限定デザインカードを発行(要エントリー) dポイントカードの限定デザインカードをプレゼント(ディズニー、マーベル、スター・ウォーズの6種類の中から好きなデザインを1枚選択)!

各キャンペーン詳細は公式サイトをご確認ください。

その他、動画視聴アプリ「ディズニーDX」ではスタンプや壁紙など継続利用に応じてコンテンツが増えていきます。

どれもディズニーファンにとって嬉しい内容ばかりですね!

メリット・デメリットまとめ

最後に、Disney+ (ディズニープラス)を利用するメリット・デメリットをまとめました。

メリット

【1】5ブランドの作品が見放題!新旧長編映画はもちろん、Disney+ (ディズニープラス)独自作品、気軽に観れるショートムービーや情報番組も配信

【2】月額700円(税込770円)なので月に2~3本の映画を視聴すれば元が取れる

【3】アプリではきせかえやスタンプ、コラム記事など会員限定のコンテンツが楽しめる

【4】あらかじめダウンロードしておけば外出先や移動中でも動画を視聴できる

【5】英語音声・英語字幕に切り替えれば英語学習にもピッタリ

【6】複数のデバイスが登録できて、最大4人まで同時視聴可能

【7】ケータイのキャリアを問わずだれでも入会できる

デメリット

【1】ディズニー関連作品が中心

【2】海外で日本版Disney+ (ディズニープラス)は利用できない

【3】4K視聴や、ゲーム機での視聴には対応していない

【4】ドコモユーザー以外の人は支払い方法がクレジットカード払いしか選べない

まとめ

2020年6月11日よりサービスを開始した日本版のDisney+ (ディズニープラス)。

新旧名作映画はもちろん、Disney+ (ディズニープラス)でしか観られない独自作品や、映画製作やパークの裏側を知れる情報番組も配信しています。

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料で体験できるので、お試し感覚で入会してみてはいかがでしょうか。

Disney+ (ディズニープラス)の公式サイトはこちら

Disney+ (ディズニープラス)

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。