香港ディズニー3泊4日レポート2018【2日目③】トイ・ストーリーランド

16点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

昼食後はトイ・ストーリーランドへ!
大きなおもちゃに囲まれた世界が可愛いんですよね。
行けるのをずっと楽しみにしていました!

↓初日と前回までのレポートはこちら

初日レポート①
初日レポート②

2日目レポート①
2日目レポート②

ファンタジーランド経由でトイ・ストーリーランドへ

トゥモローランドで昼食を食べた私たちは、ファンタジーランドを通り抜けてトイ・ストーリーランドへ向かいます。

ブルー:トゥモローランド、ピンク:ファンタジーランド、イエロー:トイ・ストーリーランド

ブルーのエリア:トゥモローランド
ピンクのエリア:ファンタジーランド
イエローのエリア:トイ・ストーリーランド

トイ・ストーリーランドは2011年に拡張オープンしたエリアで、他エリアと比べて狭いですがおもちゃの世界がぎゅっと詰めこまれています。

ちなみに、最初にトイ・ストーリーのエリアが誕生したのはディズニーランド・パリですが、独立したテーマランドとして誕生したのは香港ディズニーランドが初だそうです。

ファンタジーランドは日本に似てる

ファンタジーランドには、イッツアスモールワールド、フィルハーマジック、ダンボ、シンデレラカルーセルなど、東京ディズニーランドでもお馴染みのアトラクションが多数ありました。

ここを歩いていると東京と錯覚しそうですが、東京とは大きく異なる点も。

イッツ・ア・スモールワールドの後ろには山が見える

アトラクションの奥に見える山々!!
埋立地に作られた東京ディズニーリゾートでは見られない景色です。

ちょっと違和感を感じますが、自然豊かなディズニーランドも素敵ですね(=゚▽゚)

トイ・ストーリーランドは大混雑!

さて、いよいよトイストーリーランドに到着です。

巨大なウッディが出迎えてくれました!
ネットやSNSでよく見るやつ~!

トイ・ストーリーランドの入口

このウッディーは定期的にしゃべります。
ただ、何を言っていたかはわかりません・・・ごめんなさい。

ちなみに反対側の出入口には巨大なレックスがいました。

トイ・ストーリーランドの入口

トイ・ストーリーランドはSNS映えスポットとして大人気のようで、あちこちで写真撮影が行われています。
香港ディズニーランドに来て初めて「人が多くて歩きにくい!」と思いました。
通路が狭いことも原因かもしれませんね。

歩みを進めるとグリーティングスポットや可愛いショップ、インパクト大なアトラクションが現れます。

グリーティングスポット「バレル・オブ・ファン」

↑グリーティングスポット「バレル・オブ・ファン」では、時間帯によってはウッディやジェシーも登場します。

ショップ「アンディーズ・トイ・ボックス」

↑アンディ手作りのおもちゃ箱がテーマのショップ「アンディーズ・トイ・ボックス」

アトラクション「RCレーサー」

↑U字のレールを走る「RCレーサー」。見た目は可愛いけどスリル満点です。

ここまでショーやグリーティングが続いていたので、そろそろアトラクションに乗りたい気分♪
・・・とはいえ、私は絶叫系が苦手!高所もムリ!

そんなわけで、まずは姪っ子とパパが「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」へ。
グリーンアーミーメンの基地でパラシュート訓練をするという設定のアトラクションで、フリーフォールのように垂直落下する浮遊感を楽しめます。

私は撮影係として見守りました。

アトラクション「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」

1つのパラシュートにつき背中合わせで最大6人座れます。

いってらっしゃ~い!

アトラクション「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」

アトラクション「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」

結構高くまで上昇します。
姪っ子ちゃん大丈夫かな。

そしてそのまま急降下!
上がったり下がったりを繰り返します。

私は東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」に乗って後悔して以来、この手のアトラクションは二度と乗らないと誓っています・・・
見てるだけで内臓がふわっと浮くあの感覚がよみがえる(@_@;)

そんな私をよそに、めちゃくちゃ楽しそうな姪っ子(幼稚園児)!!
強いな~、羨ましいです。

次は全員で「スリンキー・ドッグ・スピン」へ!
これは円形のコースをぐるぐるまわるだけなので私でも余裕で乗れます(^^)
スリンキーが自分のしっぽを追いかけて遊んでる、という設定らしいです♪

アトラクション「スリンキー・ドッグ・スピン」

※さっきまでの写真と天候が違いますが、こちらは翌日撮影した写真です。

乗ってみると外から見てる時より回転が早く感じて面白かったですよ!

ちなみに、「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」も「スリンキー・ドッグ・スピン」もホテルでもらった優先パスが使えるので、ほぼ待ち時間なしですぐ乗れました♪

まだトイ・ストーリーランドの雰囲気を味わっていたかったですが、シーズンイベントの「ピクサー・ウォーター・プレイ・ストリート・パーティー!」が始まる時間が近づいてきたのでメインストリートUSAに戻ることに。

「ピクサー・ウォーター・プレイ・ストリート・パーティー!」を鑑賞

「ピクサー・ウォーター・プレイ・ストリート・パーティー!」は水しぶきがかかる夏季限定のパレードです。

水がたくさんかかるエリアにはキャストがプレートを持って立っていたので、私たちは少し離れたエリアで鑑賞することに。
始まる時間の10分前くらいに到着しましたが、またしても余裕で最前列ゲット!

しかしパレードの音楽が流れ始めると、後ろにたくさんのゲストが集まってきました。

すき間からすり抜けて最前列で観ようとする少年たち・・・
後ろから「入れてくれ」と子供を押し込むお母さん・・・

うわ~これが噂の割り込みか(>_<)
気付いて注意してくれるキャストさんもいましたが、ずっと同じ場所にいてくれるわけじゃないので私たちも隙間を作らないようにくっついて鑑賞していました。

パレードに登場するキャラクターは、ウッディ、ジェシー、バズ、ロッツォ、カナシミ、インクレディブル、インクレディブル婦人、フロゾンの8人です。
ミッキーフレンズは登場しません。

シーズンイベント「ピクサー・ウォーター・ストリート・バーティー!」

出典:香港ディズニーランド

水がたくさんかかるエリアではゲストがみんな傘をさしていました!(笑)

東京ディズニーリゾートではパレードやショーの鑑賞中は傘の使用が禁止されてるし、水がかかるショーはみんなレインコートを着用してますよね。
でも香港のゲスト達はキャラクターが水をかけている間ずっと傘で防御してました。
キャストさんが注意する様子もありません。

傘をさしちゃったら完全にキャラクター見えないのに、防御するならどうしてその場所に並んでたのか・・・?
ふしぎな光景でした(^^;)

ダッフィー&クッキーとグリーティング

「ピクサー・ウォーター・プレイ・ストリート・パーティー!」が終わったのは17:00頃。
次のダッフィー&クッキーのグリーティングが17:30からということで、ショーが終わったらすぐにグリーティングスポットである「マイ・ジャーニー・ウィズ・ダッフィー」に並びました。

クッキーはグリーティングが始まったばかりなので列ができるのが早いんです。
あと少し遅かったらラインカットされて並べないところでした。

「2日目レポート①」で書いた通り、午前中にたまたまクッキーを見かけることができましたが、いざグリーティングとなるとドキドキ!
東京ではジェラトーニもステラルーもまだグリーティングが始まってないのに、デビューしたてのクッキーにすぐ会えるなんてすごいですね。

グリーティングが始まり、部屋に入るとすぐそこにダッフィー&クッキーが!

ダッフィー&クッキーのペアグリーティング

かわいい!!
やっぱりペアグリって最高!!

姪っ子たちも大喜びしてました(≧▽≦)

クッキーはおいしい食べ物が大好きな女の子なので、私のTシャツに描かれたお菓子のイラストに反応して食べるマネを見せてくれましたよ♪

フォトパスカード紛失事件

ダッフィー&クッキーのグリーティングが終了した頃には18:00を過ぎていました。

今夜もホテルでパジャマ姿のキャラクターとのグリーティングが控えていたので、19:00までにはパークを出ようという話に。

しかし、ここで事件発生!

フォトパスカードは紛失対策をしておきましょう

メインストリートUSAにある写真販売所「タウンスクエア・フォト」

出典:香港ディズニーランド

フォトパスカード2枚分のデータを1枚にまとめたかったので、ホテルに戻る前に「タウンスクエア・フォト」という写真販売所に向かいました。

フォトパスカードは東京ディズニーリゾートのフォトキーカードのようなアイテムです。

フォトパスカード内の写真データを全て購入する場合は、写真の枚数は関係なく、カード1枚単位で料金が発生します。
そのため、カードを複数持っていると枚数分の料金を支払わなくてはなりません。

パークまたはホテルの写真販売所のキャストさんにお願いすれば、複数のフォトパスカードのデータを1つにまとめてもらえます。

 

余裕で19:00までにパークを出れる♪
と思っていたのですが・・・

2枚あるはずのフォトパスカードが1枚しかない!

めちゃくちゃ焦りました。
別行動してる家族が持ってるかも?と思い、探しに行って確認しましたが「持ってない」と。

これは絶対、落とした・・・
ドナルドとの写真やダッフィー&クッキーとの写真が入ってたのに・・・(;_;)

もう諦めるしかないと思いながらも、解決策を求めて「フォトパスカード 紛失」と検索してみると、香港ディズニーランドの公式サイトにこんな情報が!

フォトパス-よくあるご質問

Q.ディズニー・フォトパスカードを紛失してしまいました。どうすればいいですか?

A. リゾート内にいる場合、写真データの一部または全部を再入手できる可能性があります。写真販売所までお越しください。キャストが写真を特定し、新しいフォトパスカードを発行してくれます。

 

そんなことしてくれるんですか!?
親切すぎる・・・( ;∀;)
英語も広東語も話せないけど、とりあえず写真販売所に行って相談してみようと決意。

ところが!!
そのタイミングでもう1枚のフォトパスカードがカバンから出てきました!!

紛失したと思い込んでただけだった、というオチが待っていたのです・・・。

カードを探しまわって時間を大幅にロスしてしまったけれど、これはこれで良い勉強になりました。

●フォトパスカードはよく出し入れするので、しまう場所を決めておく
●フォトパスカードを紛失してもデータが見れるように、QRコードの写真を撮っておく

フォトパスカードを利用する際は、このような対策が必要です。
これは東京ディズニーリゾートのフォトキーカードにも言えることですね。

キャラクターとの思いでが詰まった大事なカードなので、みなさんも私のような失敗をしないようお気を付けください!

再入園する時は指紋をチェック!

フォトパスカード紛失事件の時に学んだことをもう一つご紹介します。

パーク外にいた家族にフォトパスカードを持っていないか確認するため、私はいったんパークを出ることにしたのですが、入園ゲートを通る際に「そういえば東京ディズニーリゾートのように再入園スタンプが必要なのかな?」と気付きました。

キャストさんに手の甲を差し出して「スタンプいる?」と聞いてみたところ、キャストさんは首を横に振って「指紋のチェックで入れるよ」と教えてくれました!

すっかり忘れていたのですが、入園時にパスポートをかざすと同時に指紋のデータを登録したんです。
そのため、再入園するときはパスポートと指紋のデータを読み込むだけで入れるそうです。

便利ですね~、日本のスタンプシステムがすごくアナログに感じました(^^;)

パジャマミッキーとグリーティング

フォトパスカード紛失(と勘違い)事件があったため、ホテルに到着するのが予定より遅くなってしまいました。

今日も20:10からパジャマグリーティングがあるので急いで身だしなみを整えます!

ちなみに今日ベッドに置いてあったタオルアートはこちらです。(笑)

客室にあったタオルアート

今日もちょっと早めに7階のキングダムフロアへ。

誰が来てくれるかな?とドキドキしながら待っていると・・・今日もミッキーが登場!

一瞬「今日もミッキーかぁ」なんて思ってしまいました。
ごめんねミッキー!

でも、ミッキーが目の前に来てくれるとやっぱりかわいい♡
やっぱり会えてうれしい♡

パジャマミッキーのグリーティング

昨日とは違うポージングでたくさん写真を撮りました!

かわいいミッキーに癒され、今日も良い気分で1日を締めくくることができました(*^_^*)

続きは3日目レポート①をご覧ください♪

香港ディズニー3泊4日レポート2018【3日目①】エンチャ&キャラグリ

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。