パークにウォルト・ディズニーのブロンズ像がある理由とは?名前の由来も紹介

5点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーあるウォルト・ディズニーのブロンズ像。

いつからあの場所にあるのか、そして何を意味しているのか、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ウォルト・ディズニーのブロンズ像とパークの歴史についてご紹介いたします。

ブロンズ像がある理由を知ることで、オリエンタルランドとディズニー本社との関係性も知ることができますよ。

東京ディズニーランドの「パートナーズ像」

まずは東京ディズニーランドにあるウォルト・ディズニーとミッキーマウスのブロンズ像、「パートナーズ像」についてご紹介します。

開園15周年にウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈

東京ディズニーランドに「パートナーズ像」が登場したのは、1998年のことです。

開園15周年を記念し、ウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されました。

以来、ウォルトとミッキーはこの場所からゲストを出迎えてくれています。

まるで開園当初からこの場所にあったかのように感じますよね。

ウォルトとミッキーの関係性がそのままブロンズ像の名前になった

出典:東京ディズニーリゾート

ウォルトはミッキーの生みの親であり、初代声優でもあります。

そのため、「ミッキーはウォルトの分身」「ウォルトとミッキーはパートナー」と言われていました。

ブロンズ像に着けられた「パートナーズ像」という名前は、そんな彼らの関係性をそのまま表しているのです。

パートナーズ像は世界5ヶ所にある

「パートナーズ像」は4つのディズニーパークと、 ウォルト・ディズニー・カンパニー・バーバンク本社に設置されています。

最初に登場したのはカリフォルニアのディズニーランドで、1993年11月18日(ミッキーマウスのスクリーンデビュー日)に設置されました。

ウォルトが亡くなった年齢と、ミッキーの年齢が同じ65歳になる日に合わせ、世界第1号のパートナーズ像がお披露目されたのです。

 

1:ディズニーランド

場所:ディズニーランド・パーク
設置日:1993年11月18日

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿

 

2:ウォルト・ディズニー・ワールド

場所:マジックキングダム
設置日:1995年6月19日

 

3:東京ディズニーリゾート

場所:東京ディズニーランド
設置日:1998年4月15日

 

4:ディズニーランド・パリ

場所:ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク
設置日:2002年7月19日

 

5:ウォルト・ディズニー・カンパニー

場所:本社(カリフォルニア州バーバンク)
設置日:2003年2月10日

東京ディズニーシーの「ストーリーテラーズ像」

続いては、東京ディズニーシーにあるウォルトとミッキーのブロンズ像、「ストーリーテラーズ像」についてご紹介します。

東京ディズニーリゾート30周年にウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈

「ストーリーテラーズ像」が東京ディズニーシーに登場したのは2013年です。

東京ディズニーリゾートの開業30周年を記念し、ウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されました。

モデルは若かりし頃のウォルト

「ストーリーテラーズ像」のモデルになっているのは、1923年にカンザスシティからハリウッドにやってきて、アニメーションの世界にやってきた若かりし頃のウォルトです。

当時まだ22才ですから、「パートナーズ像」よりも若くてカジュアルな印象を受けますよね。

この時ミッキーはまだスクリーンデビュー前でしたが、初期のレトロな姿でウォルトと一緒にポージングしています。

ストーリーテラーズ像は世界3ヶ所にある

「ストーリーテラーズ像」は3つのディズニーパークに設置されています。

最初に登場したのはディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークです。

2012年6月15日、新しいテーマランド「ブエナビスタ・ストリート」のオープンに合わせて設置されました。

「ブエナビスタ・ストリート」はウォルトがカリフォルニアを訪れた1920年代のロサンゼルスを再現したエリアであり、「ストーリーテラーズ像」の時代とリンクしていることがわかります。

その後、「ストーリーテラーズ像」は2012年に東京ディズニーシーにも寄贈され、2016年に開園した上海ディズニーランドにも設置されました。

つまり、「パートナーズ像」と「ストーリーテラーズ像」が両方ともあるのは、カリフォルニアと日本だけということになりますね!

 

1:ディズニーランド

場所:ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
設置日:2012年6月15日

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿

 

2:東京ディズニーリゾート

場所:東京ディズニーシー
設置日:2013年10月7日

 

3:上海ディズニーランド

場所:上海ディズニーランド
設置日:2016年6月16日(開園日)

日本に寄贈されたブロンズ像は合計4体

ウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されたブロンズ像は、「パートナーズ像」と「ストーリーテラーズ像」だけではありません。

東京ディズニーランドには、他にも2体のブロンズ像が寄贈されています。

魔法使いの弟子に扮したミッキーのブロンズ像

出典:東京ディズニーリゾート

シンデレラ城の裏側には、映画『ファンタジア』に登場する魔法使いの弟子に扮したミッキーマウスのブロンズ像があります。

こちらは2003年に東京ディズニーランド開園20周年を記念してウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されました。

ブロンズ像のプレートにはこのようなメッセージが刻まれています。

こどもの心をもった
あらゆる世代のゲストに
夢、喜び、そしてハピネスの
魔法をかけ続けてくれた
東京ディズニーランド
20周年おめでとう
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーより
賞賛と感謝の気持ちをこめて
2003年4月15日

 

メッセージを読むと、魔法使いの弟子に扮したミッキーがこの場所からパーク全体に魔法をかけているように見えますね。

※現在、ブロンズ像は一時的に撤去されています。

ロイ&ミニーの「シェアリング・ザ・マジック像」

ワールドバザールの入口左側に、ウォルトの兄ロイ・ディズニーとミニーマウスが座っています。

「シェアリング・ザ・マジック像」というこのブロンズ像は、2008年に東京ディズニーランド開園25周年を記念してウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されました。

ロイはウォルトと共にアニメーションスタジオを設立し、二人三脚で夢を実現してきました。
彼がいなければ、アニメーション制作やパーク開発の成功は無かったかもしれません。

ブロンズ像のプレートにはこのようなメッセージが刻まれています。

東京ディズニーランドの仲間たちへ
この幸せな場所を訪れる全てのゲストと
魔法を分かち合った素晴らしい25年間に
敬意をこめて
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー
キャスト一同
2008年4月15日

 

こちらのブロンズ像はベンチと一体化しているので、ミニーマウスの左側に腰掛けて写真撮影をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

東京ディズニーリゾートが節目を迎えるごとにウォルト・ディズニー・カンパニーから寄贈されてきたブロンズ像。

今回ご紹介した名前やテーマを踏まえたうえで、もう一度じっくりブロンズ像を眺めてみてください。

今までとは見え方が変わってくるかもしれません。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの歴史について興味がある方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

東京ディズニーランドの昔と今を徹底比較!開園当時と何が変わった?

ディズニーランドにお城がある理由とは?海外パークのお城も全て紹介

東京ディズニーシーまもなく20周年!誕生までの経緯や歴史をおさらい

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)