東京ディズニーシーまもなく20周年!誕生までの経緯や歴史をおさらい

31点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーシーは2001年9月4日にオープンしました。

当時はまだ子供だった方や、最近のパークしか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京ディズニーシーがどのような経緯で誕生したのか、そして誕生から20年の間にどのような成長を遂げてきたのかご紹介いたします!

20周年を迎える前に歴史をふりかえってみましょう。

東京ディズニーシーの基本情報

出典:東京ディズニーリゾート

東京ディズニーシーは “海” をコンセプトにした世界唯一のディズニーパークです。

20世紀初頭のニューヨークの港町、未来のマリーナ、中南米のジャングル、アラビアンナイトの世界や映画『リトル・マーメイド』の世界など、7つのテーマポート(寄港地)で構成されています。

また、日本初のディズニーパーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」も同日にオープンし、大きな注目を集めました。

オープン日 2001年9月4日
テーマ 冒険とイマジネーションの海
面積 約49万m2
総工費 約3,350億円(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ建設費を含む)
工事期間 約3年

構想からオープンまでの経緯

それでは、東京ディズニーシーの構想からオープンまでの経緯をご紹介します。

東京ディズニーランド5周年の日に第2のパークを発表

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

日本に第2のディズニーパークを創る構想が明らかになったのは、東京ディズニーランドが5周年を迎えた1988年4月15日のことです。

「ショーベース2000」で開園5周年のワールド・プレミアが開催され、オリエンタルランドの髙橋社長(当時)から発表されました。

しかし、この時はまだオリエンタルランドとディズニー社の間で合意があっただけで、具体的な構想は決定していませんでした。

当初は“映画”のテーマパークという案があった

当初ディズニー社は、「ディズニー・ハリウッド・スタジオ・テーマパークat東京ディズニーランド」という映画スタジオをテーマにしたパークを提案しました。

これは1989年にウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内にオープンした3つ目のパーク「ディズニーMGMスタジオ(現:ディズニー・ハリウッド・スタジオ)」をベースにした構想です。

しかし、日本人には合わないテーマであると髙橋社長が判断し、この提案は見直されることになります。

発表から4年後に“海”というテーマが決定

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

1992年、新たに “7つの海をテーマにしたパーク” という方針が検討され始めました。

このテーマであれば、海に囲まれた国で育った日本人にとって親しみがあり、かつ舞浜地区の特性を生かすことができます。

翌1993年にはディズニー社から東京ディズニーシーの原形となるモデルが提案され、世界でただ1つの新しいパークを創る共同作業が始まったのです。

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

その後はディズニーとの提携契約、事業計画の正式決定、そしてパークの名称の正式決定を経て、1998年に建設着工という流れとなります。

第2のパークの発表から東京ディズニーシーがオープンするまでに13年以上もかかっていたとは驚きですよね!

1992年 第2のパークのテーマを “7つの海” にする方針が固まる
1993年 ディズニー社が東京ディズニーシーの原形となるモデルを提案
1996年4月 第2のパークの開発・建設・運営に関する提携契約をディズニー社と結ぶ
1997年11月 東京ディズニーシーの事業化を正式決定
1998年4月 地鎮祭を実施
1998年10月 建設着工式を実施
“東京ディズニーリゾート”の名称発表
2001年1月 注水式を実施
2001年8月 竣工式を実施
2001年9月 東京ディズニーシーがグランドオープン

オープン当初は大人向けなイメージが強かった

出典:東京ディズニーリゾート

オープン当初の東京ディズニーシーは「大人向けのパーク」と言われることが多かったのですが、これは東京ディズニーランドとの差別化を図った結果でしょう。

細部までこだわり抜いた美しい景観や、ブロードウェイ・ミュージカルなどをテーマにした豪華なエンターテイメントショーは、東京ディズニーシーならではの魅力です。

アルコールドリンクの提供も、大人のゲストにとって嬉しいポイントとなりました(2020年より東京ディズニーランドでも提供開始)。

出典:東京ディズニーリゾート

しかし、2000年代後半からは幅広い世代のゲストが楽しめるよう方針を変え、ディズニー映画をテーマとしたアトラクションや、お子さまも楽しめるエンターテイメントが徐々に増えていきました。

東京ディズニーシー20年の歴史

続いては、東京ディズニーシーがオープンした2001年から20年間の歴史をご紹介していきます。

2001年~2005年

【2001年9月】東京ディズニーシーがグランドオープン

出典:東京ディズニーリゾート

第2のパーク建設の発表から13年以上もの期間を経て、2001年9月4日に東京ディズニーシーがオープンしました。

当日はメディテレーニアンハーバーにオリエンタルランドの加賀見社長、ディズニー社のマイケル・アイズナー会長、ロイ・ディズニー副会長が登場し、開会宣言を行いました。

 

【2003年11月】ウォーターフロントパークがオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2003年11月4日、アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアに公園がオープンしました。

ここでは2003年~2014年までシーズンショーやカウントダウンパーティーなどを公演していました。

 

【2004年11月】ディズニーベア(ダッフィー)が初登場

出典:東京ディズニーリゾート

2004年11月5日、「ディズニーベア」というキャラクターがアメリカンウォーターフロントに現れ、グリーティングを実施しました。

このキャラクターがのちのダッフィーです。

12月1日にはディズニーベアとして初となるグッズも販売されました。

 

【2005年4月】「アリエルのグリーティンググロット」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2005年4月15日、マーメイドラグーンにアリエルに会えるグリーティング施設がオープンしました。

この施設は2020年3月にクローズしてしまいましたが、2020年9月28日より「マーメイドラグーンシアター」にてキャラクターグリーティングを再開しています。

 

【2005年7月】「レイジングスピリッツ」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2005年7月21日、東京ディズニーリゾートでは初となる360度垂直回転ローラーコースター「レイジングスピリッツ」が誕生しました。

東京ディズニーシーのオープン後、初めて追加されたアトラクションでもあります。

 

【2005年12月】ディズニーベアがダッフィーとして登場

出典:東京ディズニーリゾート

2005年のクリスマスのイベント終了後、グッズのラインナップが切り替わるタイミングで、ディズニーベアが「ダッフィー」という名で販売されるようになりました。

ディズニーベアはアメリカのディズニーランドなどでもグッズ展開されていましたが、オリジナルの名前とストーリーが与えられ、東京ディズニーシーならではのキャラクターとして生まれ変わったのです。

ダッフィーの誕生秘話を紹介!お友だちや15年分の歴史も徹底解説

2006年~2010年

【2006年7月】5thアニバーサリーイベント開催

出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

2006年7月14日~翌年5月31日まで、開園5周年を記念したイベント「東京ディズニーシー5thアニバーサリー」が開催されました。

イベント初日には下記4つのショーをはじめとする多数のエンターテイメントが一斉に始まり、アニバーサリーイヤーの幕開けを盛り上げました。

5周年に開始したショー 公演場所 公演期間
『レジェンド・オブ・ミシカ』 メディテレーニアンハーバー 2006年7月14日~2014年9月7日
『ミート&スマイル』 リドアイル/ピアッツァ・トポリーノ 2006年7月14日~2011年3月11日
『オーバー・ザ・ウェイブ』 ドックサイドステージ 2006年7月14日~2010年9月8日
『ビッグバンドビート』 ブロードウェイ・ミュージックシアター 2006年7月14日~リニューアルを経て現在も公演(一時休演中)

【2020】ビッグバンドビート鑑賞ガイド!抽選方法や見どころを紹介

 

【2006年9月】「タワー・オブ・テラー」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2006年9月4日、アメリカンウォーターフロントに「タワー・オブ・テラー」がオープンしました。

同名のアトラクションはウォルト・ディズニー・ワールドとディズニーランド・パリにも存在しますが、東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」は日本オリジナルのストーリーを楽しむことができます。

 

【2009年10月】「タートル・トーク」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2009年10月1日、ピクサー映画『ファインディング・ニモ』のクラッシュとお話しできるアトラクションがオープンしました。

2017年には内容をリニューアルし、映画『ファインディング・ドリー』のキャラクターも仲間入りしています。

 

【2010年1月】シェリーメイを発表

出典:東京ディズニーリゾート

2010年1月15日、ダッフィーのお友だち「シェリーメイ」が発表されました。

1月22日には「スウィート・ダッフィー」の開催に合わせてグッズの販売も始まりました。

 

【2010年3月】「マイ・フレンド・ダッフィー」公演開始

2020年3月20日、アメリカンウォーターフロントのケープコッドエリアにあるレストラン「ケープコッド・クックオフ」にて、ステージショー「マイ・フレンド・ダッフィー」の公演が始まりました。

当時は『ダッフィー誕生の物語』と『ミッキーマウスとダッフィーが冒険に旅立つまでの物語』を交互に公演していました(現在は新しいストーリーにリニューアル)。

※現在「マイ・フレンド・ダッフィー」は公演を休止しています。

【2020】マイ・フレンド・ダッフィー鑑賞ガイド!注文ルール変更あり

2011年~2015年

【2011年3月】東日本大震災により臨時休園へ

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により、東京ディズニーシーは翌日から4月27日まで臨時休園となりました。

 

【2011年4月】「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2011年4月28日、ロストリバーデルタに新たなグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」がオープンしました。

ここでは古代文明の遺跡や、植物や昆虫などの調査・研究をしているミッキー達に会うことができます。

当初はミッキーマウス、ミニーマウス、グーフィーが登場していましたが、2019年6月1日からはグーフィーに代わってドナルドダックが登場しています。

※現在ドナルドダックのグリーティングは休止しています。

 

【2011年7月】「ヴィレッジ・グリーティング・プレイス」がオープン

2011年7月8日、ケープコッド(アメリカンウォーターフロント内)にダッフィーのグリーティング施設「ヴィレッジ・グリーティング・プレイス」がオープンしました。

ダッフィーは屋外でグリーティングを実施していましたが、屋内施設が誕生したことにより、天候に関わらずダッフィーに会えるようになったのです。

2019年6月3日からはシェリーメイが登場しています (ダッフィーは「“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」に移動)。

追記:「ヴィレッジ・グリーティング・プレイス」では、2021年3月7日まではシェリーメイが、3月8日からはダッフィーが出演します。

 

【2011年7月】「ジャスミンのフライングカーペット」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2011年7月18日、アラビアンコーストに映画『アラジン』をテーマにしたアトラクションがオープンしました。

魔法のじゅうたんに乗り、ジャスミンの庭園の上で空中散歩が楽しめます。

 

【2011年9月】10thアニバーサリーイベント開催

出典:東京ディズニーリゾート

2011年9月4日~翌年3月19日まで、開園10周年を記念したイベント「東京ディズニーシー10thアニバーサリー“Be Magical!”」が開催されました。

当初は2011年4月23日から開催される予定でしたが、東日本大震災の発生により延期となり、約半年間の開催となりました。

 

【2012年7月】「トイ・ストーリー・マニア!」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2012年7月9日、ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマにしたアトラクションがオープンしました。

ウッディやバズたちと3D映像を使ったシューティングゲームを楽しむことができます。

現在もパーク内でトップクラスの人気を誇るアトラクションです。

 

【2014年6月】ジェラトーニを発表

出典:東京ディズニーリゾート

2014年6月30日、ダッフィーの3人目のお友だち「ジェラトーニ」が発表されました。

絵を描くことが大好きなネコの男の子で、パラッツォ・カナル(メディテレーニアンハーバー内のエリア)にダッフィーとジェラトーニの肖像画が描かれるという新しい発表方法が話題となりました。

2016年~2020年

【2016年4月】15thアニバーサリーイベント開催

出典:東京ディズニーリゾート

2016年4月15日~翌年3月17日まで、開園15周年を記念したイベント「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」が開催されました。

15周年をお祝いするハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」は、グランドフィナーレ期間限定で夜間公演も実施されました。

 

【2017年3月】ステラ・ルーを発表

出典:東京ディズニーリゾート

2017年3月23日、ダッフィーの4人目のお友だち「ステラ・ルー」が発表されました。

4月10日からはアメリカンウォーターフロントにて『ステラ・ルーのグリーティングドライブ』が開催され、ゲストにご挨拶を行いました。

 

【2017年5月】「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

2017年5月12日、ピクサー映画『ファインディング・ニモ』をテーマとした第2のアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンしました。

魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込み、ニモやドリーたちと広い海の中を冒険します。

 

【2019年7月】「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープン

出典:東京ディズニーリゾート

リアルな飛行体験ができるシミュレータータイプのアトラクションがオープンしました。

すでに海外のパークでも大人気のアトラクションでしたが、東京ディズニーシーのソアリンは日本オリジナルのシーンやバックグラウンドストーリーを楽しむことができます。

ディズニーシー「ソアリン」のファストパス終了時間と待ち時間の目安

 

【2019年12月】クッキー・アンが東京ディズニーシーにも登場

出典:東京ディズニーリゾート

2019年12月26日、ダッフィーの4人目のお友だち「クッキー・アン」が東京ディズニーシーに登場しました。

シェリーメイとジェラトーニは東京ディズニーシーでデビューしていますが、クッキーは2018年に香港ディズニーランドでデビューし、約1年半後に東京ディズニーシーに上陸したのです。

翌年1月からは「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」にも参加し、5人になったダッフィー&フレンズのグッズが展開されました。

クッキー・アンが遂にTDSに登場!グッズやグリーティング情報公開

 

【2020年2月】新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休園へ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは2020年2月28日より臨時休園することになりました。

当初は3月15日までの予定でしたが、休園期間が延長され、約4ヶ月間もの長期休園となりました。

 

【2020年7月】オル・メルが東京ディズニーシーにも登場

出典:東京ディズニーリゾート

2020年7月1日、東京ディズニーシーの運営再開日にダッフィーの5人目のお友だち「オル・メル」が登場しました。

オル・メルは2018年にアウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナ・ハワイでデビューしたキャラクターです。

クッキー・アン同様、まだショーやグリーティングには登場していないので、会える日が待ち遠しいですね。

ダッフィーのお友だち「オル・メル」がTDSに登場!グッズ情報まとめ

2021年~

【2021年9月】東京ディズニーシー開園20周年

2021年9月4日、東京ディズニーシーは20周年を迎えます。
アニバーサリーイベントの開催は未定です。

 

【2021年度】新ナイトショー公演予定

出典:東京ディズニーリゾート

2021年度中に、新規のナイトタイムエンターテイメント 「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」がスタートすることが発表されています。

夢見ることや信じ続けることの大切さをたたえる壮大なエンターテイメントが、夜のメディテレーニアンハーバーで繰り広げられます。

 

【2023年度】新テーマポート「ファンタジースプリングス」オープン予定

出典:東京ディズニーリゾート

2023年度には東京ディズニーシーに新しいテーマポート「ファンタジースプリングス」が誕生します。

“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界” というテーマのもと、映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリアで構成されます。

また、ファンタジースプリングス内に新たなパーク一体型ディズニーホテルもオープンする予定です。

まとめ

第2のパークを創ることを発表してから13年以上もの構想・建設期間を経てグランドオープンを迎えた東京ディズニーシー。

それから20年の間、アトラクションやキャラクターグリーティング施設が追加されたり、ダッフィー&フレンズというキャラクターが登場したりと、成長を続けてきました。

最近の東京ディズニーシーしか知らない方にとっては、初めて知る情報も多かったのではないでしょうか?

オープン当初の東京ディズニーランドについて知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

東京ディズニーランドの昔と今を徹底比較!開園当時と何が変わった?

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)