東京ディズニーシーのニューヨークエリアに隠された豆知識を紹介

11点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーシーの7つのテーマポートのうち、最も施設が充実しているアメリカンウォーターフロント。

3つのエリアに分かれており、見所が盛りだくさんです。

中でもニューヨークエリアは活気があり、20世紀初頭の文化を感じながら散策することができます。

今回は、そんなニューヨークエリアの注目ポイントと豆知識をご紹介していきます。

ニューヨークエリアの場所

まずはニューヨークエリアの場所からチェックしましょう。

出典:東京ディズニーリゾート・アプリ

【A】ケープコッド(素朴でのどかな漁村)
【B】ニューヨーク(活気ある大都会)
【C】トイビル・トロリーパーク(古き良き遊園地)

ニューヨークエリアはアメリカンウォーターフロントの中心部に位置しており、全体の約半分の面積を占めています。

ケープコッドエリアとは “ハドソンリバーブリッジ” で結ばれており、橋を渡ることで趣の異なる2つの港町を行き来することができます。

★ケープコッドについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ケープコッド徹底解説!村の誕生秘話やダッフィーとの関係も紹介

注目ポイントと豆知識

アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアは、街全体に20世紀初頭のアメリカの歴史や文化が反映されているんですよ。

特に注目していただきたいポイントを7つピックアップしてご紹介していきます。

コロンブス像/コロンバスサークル

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

アメリカンウォーターフロントで1番大きなショップ「マクダックス・デパートメントストア」の前に、コロンブスの銅像があります。

クリストファー・コロンブスはヨーロッパからアメリカ大陸への航路を発見した冒険家です。

アメリカンの地から、生まれ故郷であるイタリア(メディテレーニアンハーバー)を見つめて立っています。

このコロンブス像がある円形の広場は “コロンバスサークル” と名付けられているのですが、ニューヨークに実在する広場をモチーフに作られました。

高架鉄道

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

20世紀初頭のニューヨークでは、エンジンで動く自動車の利用が増え、交通渋滞が問題となっていました。

そこで考えられたのが、道路を走っていた路面電車を高架式に変えるという方法です。

アメリカンウォーターフロントのアトラクション「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」は、そんな当時のニューヨークで活躍していた高架鉄道をモチーフにしています。

電動式トロリー電車に乗り、地上からは見られない景色を楽しみながら隣のテーマポート(ポートディスカバリー)まで移動することができますよ。

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

街灯

ニューヨークエリアには “ブロードウェイ” と “ウォーターストリート” という2つの通りがあります。

ブロードウェイは大型シアターがある劇場街で、華やかさや活気が感じられる通りです。

(ショップ「マクダックス・デパートメントストア」~ブロードウェイ・ミュージックシアター方面へ続く通り)

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

一方、ウォーターストリートは古い建物や看板が並ぶ旧市街です。

(ショップ「マクダックス・デパートメントストア」~「レストラン櫻」へ続く通り)

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

そんな対象的な2つの通りですが、街灯にも違いがあります。

20世紀初頭のニューヨークはガス灯から電気灯へと進化していた時代でした。
そのため、大都会ブロードウェイでは電灯が使われていますが、ウォーターストリートではまだガス灯のままになっているのです。

夜になると電気灯とガス灯の違いがよくわかるので、確認してみてくださいね。

ブロードウェイ・ミュージックシアター

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

「ブロードウェイ・ミュージックシアター」は、その名の通りブロードウェイにある大型屋内シアターです。

石造りの豪華な外観は、ニューヨークのニュー・アムステルダム劇場(創設時)がモチーフになっています。

正面入口の上には、古代ローマの海神ネプチューンや、仮面を持ったマーメイドの石像があります。
これは海をテーマにした東京ディズニーシーならではの装飾です。

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

劇場内もアール・ヌーボーのデザインで統一された豪華な造りになっています。

ここではオープンから2006年7月までの約5年間、「アンコール! 」というショーを公演していました。
ブロードウェイのミュージカルナンバーが楽しめる内容で、ディズニーキャラクターは登場していませんでした。

2006年7月からはビッグバンドジャズの演奏やディズニーキャラクターのダンスなどで構成された「ビッグバンドビート」を公演しています。

ショーの内容や鑑賞方法については、こちらの記事をご覧ください。

【2020】ビッグバンドビート鑑賞ガイド!抽選方法や見どころを紹介

「ビッグバンドビート」は2020年7月より当面の間、公演を中止しています。

S.S.コロンビア号

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

S.S.コロンビア号はニューヨークの港に停泊する全長約140mの豪華客船です。

大西洋横断の処女航海を控え、準備を整えているところだそうですよ。

デザインは20世紀初頭に実在した豪華客船を細部まで忠実に再現しており、パーク内の建造物とは思えないほどの迫力があります。

S.S.コロンビア号の船内では以下3つの施設を運営しています。

施設名 解説 場所
S.S.コロンビア・ダイニングルーム※ ローストビーフなどのセットメニューを提供するメインダイニング Bデッキ(3階)
テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ※ サンドウィッチやアルコールを提供するラウンジ Cデッキ(2階)
タートル・トーク ピクサー映画『ファインディング・ニモ』に登場するウミガメのクラッシュとお話できるアトラクション 海底展望室

プライオリティ・シーティング(事前受付)の対象レストラン

船内を散策することも可能です。

デッキからは東京ディズニーシーを一望することができます。
夕焼けやライトアップされた夜景は特に美しく、一度は見ていただきたい絶景です。

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

また、S.S.コロンビア号の横にはドックサイドステージが併設されています。

2020年2月28日までは「ハロー、ニューヨーク!」というショーを公演していました。
次回公演は未定です。

ホレイショースクエア

S.S.コロンビア号の前には「ホレイショースクエア」という広場があります。

毎年クリスマスシーズンに大きなクリスマスツリーが登場する場所です。

この広場は、アメリカ人作家のホレイショー・アルジャーを称えて名付けられました。
貧しい少年が成功をつかむ、アメリカンドリームを描いた作品で有名になった作家です。

出典:東京ディズニーリゾート・ブログ

「ホレイショースクエア」にあるこの巨大なモニュメントは、1888年に海難事故にあった世界最大の豪華客船S.S.ガルガンチュア号のスクリュー(船の推進装置)です。

厳しい冬の大波にのまれてしまい、これが唯一の遺品だったそうです。

悲しい事故があったことを忘れないため、そして今後の航海の安全を祈るため、この地に飾られているのでしょう。

まとめ

アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアは、20世紀初頭のアメリカ文化とディズニーオリジナルのストーリーが融合した街です。

レストランやショップ、エンターテイメントが充実していますが、街並みをじっくり眺めながらただ散策するのもおすすめですよ。

ビッグシティ・ビークル」というクラシックカーに乗ってニューヨークエリアを周遊できるアトラクションもあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

車・船・蒸気機関車も!ディズニーの周遊系アトラクションを紹介

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)