ディズニーキャラと写真を撮りたい!フリーグリーティングを楽しむコツとは

5点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーリゾートでは、場所や時間の予告なしにキャラクターが現れる“フリーグリーティング”を行っています。

キャラクターの周りにはあっという間にゲストが集まってしまうので、「写真を撮りたいけど諦めた」という経験がある人も多いのではないでしょうか。

また、いざ自分の番になってもキャラクターとどうコミュニケーションを取ればいいのかわからず、「いつも写真を撮るだけで終わってしまう」という人も多いです。

そこで今回は、東京ディズニーリゾートのフリーグリーティングでキャラクターとの写真撮影やコミュニケーションを楽しむコツを伝授いたします!

↓東京ディズニーランドで会えるキャラクターについてはこちらでご紹介しています。

【TDL】総勢80以上!ディズニーランドで会えるキャラクターをエリア別に紹介

↓東京ディズニーシーで会えるキャラクターについてはこちらでご紹介しています。

【TDS】総勢40以上!ディズニーシーで会えるキャラクターをエリア別に紹介

キャラクターに気付いてもらうための4つの方法

フリーグリーティングは列が作られるわけではなく、キャラクターがまわりにいるゲストの中から写真を撮る人を順番に選ぶシステムになっています。

そのため、なかなか選ばれないと「もういいや・・・」とあきらめて離脱してしまう人もいるのですが、落ち込むことはありません。
キャラクターは子供を優先して選ぶため、大人はどうしても後回しにされがちなのです。

子連れじゃないけど早く気付いてもらいたい!という方は、これからご紹介する4つの方法を実践してみてください。

キャラクターの正面から名前を呼ぶ

フリーグリーティングでたくさんのゲストに囲まれるデール

フリーグリーティング中のキャラクターのまわりにはたくさんのゲストが集まりますが、後ろから声をかけてもなかなか気づいてもらえません。
できるだけキャラクターの正面にまわって名前を呼びましょう。

キャラクターは突然くるっと向きを変えたり、場所を少し移動する場合がありますが、常に正面に立つことを意識して動いてください。
もちろん、他のゲストを押したり、無理やり割り込んで前に出たりするのはダメですよ。

キャラクターの名前がわからない場合は、近くにいるキャストさんにこっそり教えてもらいましょう。
フリーグリーティングをしているキャラクターの近くには大抵キャストさんがいます。

キャラクターグッズを身に付ける

お目当てのキャラクターがいる場合は、キャラクターグッズを身に付けて「私はあなたのファンです」というアピールをしましょう。
カチューシャやぬいぐるみバッチ、Tシャツなど、なるべくわかりやすいアイテムがおすすめです。

また、そのキャラクターのボーイフレンドやガールフレンド、相方や家族のアイテムも反応が良いです。

例えばミッキーはミニーのアイテムを見つけると「あ!ぼくのミニー!」と喜んだり投げキッスをしたりしてくれます。

他のゲストのお手伝いをする

カップルやグループで来ているゲストは写真を撮ってもらいたいと思っている場合が多いので、もし選ばれた時に周りをキョロキョロ見渡していたら、積極的に「写真撮りましょうか?」と声をかけてみましょう。

キャラクターがあなたのことを「他のゲストのお手伝いをしてくれた人」と認識した場合、その次に声をかけてくれる可能性が高いです。

近くにいるキャストさんを頼る

キャラクターグリーティングを近くで見守るショーキャストさん

出典:東京ディズニーリゾート

フリーグリーティングの場合、画像のようなミッキーハンドのマークを付けたキャストさん(ショーキャスト)がゲストに混ざりグリーティングを見守っていることが多いです。

キャストさんによっては、なかなか写真が撮れずにいるゲストを見つけると「写真撮れましたか?」と声をかけてくれる場合があります。
「まだ撮れてないです」と相談すると、一緒にキャラクターを呼んでくれたり、良いポジションを教えてくれたり、いろいろとアドバイスをくれますよ。

また、キャストさんとの会話に反応してキャラクターが気付いてくれるというラッキーパターンもあるので、キャストさんに声をかけられたら遠慮せず甘えちゃいましょう。

・常にキャラクターの視界に入るように動き、名前を呼んでアピールしよう

・キャラクターグッズを身に付けてファンであることをアピールしよう

・他のゲストが撮影してくれる人を探していたら、お手伝いを申し出よう

・なかなか選ばれない場合は近くにいるキャストさんに相談してみよう

キャラクターとお話してみよう

キャラクターとせっかく会えたのに、写真を撮ってすぐバイバイではもったいないですよ!

「でも、会話できないキャラクターとどうやってコミュニケーション取ればいいの?」と思ったあなた。

確かにフェイスキャラクター(プリンセス、アリス、ピーターパンなど)以外のキャラクターは声を発することはできませんが、話しかければちゃんとリアクションを返してくれますよ。

もちろん、たくさんのゲストが順番待ちしている時に長くお話するのは避けた方がいいですが、まわりにゲストが少ない時は1人1人長めに相手をしてくれます。

では、具体的にどんな会話がおすすめかご紹介しますね。

キャラクターの好きなところやコスチュームを褒める

ミニーマウスはファッションを褒めると喜んでくれる

出典:東京ディズニーリゾート

キャラクターのチャームポイントを見つけて褒めてあげましょう。

「まつ毛が長いね!」「背が高いね!」「ふわふわで可愛い!」など、あなたが素敵だと思うポイントを素直に伝えてみてください。
喜んだり、照れたり、ありがとう!というリアクションをしてくれるでしょう。

自分のことが大好きなドナルドダックや、いつも偉そうにしているヴィランズ(悪役キャラ)の場合は「まあね!」と得意げなリアクションをするかもしれません。

ミニーマウスやデイジーダック、クラリスなど、女の子のキャラクターなら「コスチュームかわいいね!」「いつもおしゃれだね!」なんて言ってあげると喜んでポージングを決めてくれるかもしれません。

キャラクターによってリアクションは様々なので面白いですよ。

出演する映画の好きなシーンを伝える

キャラクターが出演している映画を観たことがあるなら、好きなシーンを伝えてみましょう。

運が良ければ、そのシーンのポーズや動きを再現してくれるかもしれません。

キャラクターのことをよく知らない場合は、素直に「今度あなたが出てる映画観てみるね!」と伝えるのもアリだと思います。

マイナーなキャラクター達の場合、ゲストに目の前で「誰?」と言われたり、名前を間違えられたりすることが多いんです・・・。
そのため、「映画観るね」と言ってあげるときっと喜んでくれるはずですよ。

自分のことを話す

自分のことについて簡単に伝えるのもおすすめです。

【会話の例】

今日が誕生日だと伝える
→ 拍手をしたり、おめでとう!とハグしてくれる

遠方から来たことを伝える
→ よく来てくれたね!と歓迎してくれる

今頑張っていることがあると伝える
(部活、試験勉強など)
→ 応援してるよ!頑張れ!と励ましてくれる

妊娠中だと伝える
→ 喜んだり、お腹を優しく触ったりしてくれる

 

ポイントは、できるだけ簡潔に話すことです。

キャラクターによっては難しい話を理解できない子もいるので、詳しく長々と話すと逆に困らせてしまうかもしれません。

簡潔に自分の情報を1つ伝え、キャラクターのリアクションに元気をもらいましょう♪
きっと自分だけの特別な思い出になるはずですよ。

キャラクターとの会話は、基本的にどんな内容でもOK!

キャラクターのリアクションをよく見て、伝えようとしていることを理解してあげましょう。

いつもとは違う写真を撮ってみよう

キャラクターと写真撮影をする時、いつも同じポーズをしていませんか?

スタンダードな記念写真に飽きた方は、いつもとは一味違った写真を残してみましょう。

キャラクターにポーズを決めてもらう

撮影する前にキャラクターに「どんなポーズで写真撮る?」と聞くと、ポーズを提案してくれますよ。

一緒に同じポーズをしたり、手をつないだり、ハグをしてくれたり・・・キャラクターのリアクションはその時のお楽しみです。
ただピースで撮影するよりも仲良しな雰囲気のある写真が撮れるでしょう。

キャラクターによっては細かくポージング指導をしてくれる場合もあるので、そのやり取りも面白いですよ。

スマホで自撮りをする

最近はキャラクターと友達感覚で自撮りをするのも流行っています。

普段は全身の写真を撮ることが多いと思いますが、自撮りだとキャラクターの顔がメインで写りますし、距離がぐっと縮まった写真が撮れます。

キャラクターと自撮りをする人が増えている

※イメージ(出典:YouTube東京ディズニーリゾート公式

また、フリーグリーティングだとどうしても他のゲストが写りこんでしまいますが、自撮りなら余白が少ないというメリットもあります。

スマホでムービーを撮る

短時間であればムービー撮影をすることも可能です。
キャラクターに「いまムービー撮ってるよ!」と伝えれば、カメラに向かって可愛い動きをしてくれるでしょう。

ムービー撮影はお子さま連れのパパママにもおすすめです。

小さい子供の場合、写真撮影だとうまく笑顔が作れなかったりタイミング悪く目をつぶってしまう場合がありますよね。
しかし、ムービー撮影なら子供の自然な笑顔やキャラクターとの微笑ましいやり取りをすべて残すことができますよ。

1ショットをお願いする

キャラクター1ショットのリクエストもOK

自分は写らずに、キャラクターだけの1ショットを撮影することも可能です。

キャラクター達は張り切って素敵なポーズを決めてくれますよ。
「かっこいいのお願い!」とか「かわいいポーズして♡」という簡単なリクエストなら答えてくれるかもしれません。

印刷した写真に後日サインをしてもらうと、自分だけの宝物になりますよ。
キャラクター好きの友達にプレゼントしても喜ばれそうですね。

・キャラクターにポーズを決めてもらうと仲良しな雰囲気の写真が撮れる

・普通の写真に飽きたら、キャラクターとの自撮りやムービー撮影がおすすめ

・キャラクターの1ショット写真は自分だけの宝物になる

キャラクターグリーティングのNG行動

キャラクターを強く引っ張る

フリーグリーティングでキャラクターになかなか選ばれないからといって、腕や服をぐいぐい引っ張ってはいけません。
他のゲストとの写真撮影の邪魔になりますし、キャラクターが転んでしまったら危険です。
キャラクターの気を引きたいからといって、悪目立ちするのは逆効果ですよ。

自撮り棒を持ち込む

先ほどキャラクターとの自撮りをおすすめしましたが、自撮り棒の使用はNGです。
東京ディズニーリゾート内では「ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用はお断りします」と公式で案内されています。

大きなプレゼントを渡す

プレゼントは物によっては受け取ってもらえる場合もあるようですが、大きなプレゼントや明らかに高価なものは受け取ってもらえません。
手紙やイラストであれば、どのキャラクターも受け取ってくれます。
キャラクターのコスチュームには手紙をしまっておくポケットが無いので、一旦受け取ってから近くにいるショーキャストさんが預かってくれます。

帰るキャラクターを引き止める

フリーグリーティングで登場したキャラクターが帰ろうとしているのに、無理に引き止めるのはやめましょう。
また、キャラクターをお見送りするのは構いませんが、前方にまわり込んで進行をさまたげたり、出口ギリギリまでつきまとう行為は危険なのでやめてください。

まとめ

フリーグリーティングは積極性が必要ですが、マナーを守ることが最優先です。

他のゲストがキャラクターとコミュニケーションを取っている間は温かい目で見守ってくださいね。
そして自分の番になったら、写真撮影や会話を思い切り楽しみましょう。

近いうちに来園する予定がある方は、今回ご紹介した「コミュニケーションの取り方」や「撮影方法」をぜひ実践してみてくださいね!

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。