スマホでカンタン入園!ディズニーeチケットの使い方と注意点を徹底解説!

8点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーにスマートフォンだけで入園できる「ディズニーeチケット」というサービスをご存知ですか?

このサービスを利用すれば、チケット販売窓口に並ばずに手軽にチケットを購入することができます。

しかし、スマホで入園する方法にはデメリットもあるので、あえて紙タイプのチケットを選んでいるゲストも多いです。

そこで今回は、「ディズニーeチケット」の使い方と注意点を詳しく解説いたします。

この記事を読めば、スマホで入園する方法と紙タイプのチケットを購入する方法、どちらが向いているか判断することができますよ。

ディズニーeチケットは3タイプある

ディズニーeチケットとは、オンラインでいつでも好きな時にパークチケットを購入できるサービスです。

「自宅でプリントアウト」と「自宅へ配送」という方法に加え、2018年2月から「スマートフォンで入園」というサービスも開始しました。

さっそく、各タイプの特徴や利用方法をご紹介します。

チケットの特徴を比較

ディズニーeチケットは、選択するタイプによって購入方法や決済方法、購入できるパスポートの種類などが異なります。

チケットタイプ スマホで入園 自宅でプリントアウト 自宅へ配送
購入方法 スマホから パソコンから スマホまたはパソコンから
購入期間 入園3ヵ月前~当日まで 入園3ヵ月前~当日まで 入園3ヵ月前~来園予定の7日前まで
券種の変更※ オンライン・窓口にて可能(窓口は手数料がかかる) オンライン・窓口にて可能(窓口は手数料がかかる) 窓口のみ可能(手数料がかかる)
決済方法 クレジットカードのみ クレジットカードのみ クレジットカード・代金引換
チケット代以外の費用 なし なし 送料が全国一律518円かかる

 

購入できるパスポートの種類 スマホで入園 自宅でプリントアウト 自宅へ配送
1デーパスポート
シニアパスポート
ギフトパスポート × × ×
スターライトパスポート
アフター6パスポート
ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポート(※1)
キャンパスデーパスポート(※2)
首都圏ウィークデーパスポート(※2)
マルチデーパスポート ×

※1.ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポートは、メンバー専用ウェブサイトから購入できます。

※2.「キャンパスデーパスポート」「首都圏ウィークデーパスポート」についてはこちらの記事をご覧ください。

ディズニーリゾートのチケットを安く買う方法!期間限定パスポートがお得!

スマートフォンで入園

スマートフォンから購入して、画面上にQRコードを表示させることによってパークに入園することができます。
マルチデーパスポート(2デーパスポート、3デーマジックパスポート、4デーマジックパスポート)には対応していません。
そのため、複数日続けて来園する方は自動的に紙タイプのチケットを利用することになります。

自宅でプリントアウト

パソコンから購入して、表示されたチケットを自宅などのプリンターで印刷して使います。
マルチデーパスポートにも対応しています。
その他のルールは「スマートフォンで入園」と同じです。

自宅へ配送

スマホまたはパソコンで購入して、自宅に届けてもらいます。
マルチデーパスポートにも対応しています。

他のチケットに比べて購入期間が短いのでご注意ください。
また、チケット代とは別に送料がかかるというデメリットがありますが、代金引換で受け取ることができるので、クレジットカードを持っていなくても利用可能です。
さらにオンラインだけのオリジナルデザインのパスポートが届くので、「手元にチケットを残したい」「毎年デザインが変わるのでコレクションしている」などの理由であえて配送チケットを選んでコレクションしている人もいます。

チケット購入の流れ

【1】オンライン予約・購入サイトにアクセス、または東京ディズニーリゾート公式アプリの「チケット購入」を選択します。

【2】パークで遊ぶ日数を選択し、カレンダーから来園日を選択します。
受取方法は「スマホで表示」「自宅でプリントアウト」「自宅へ配送」から選択します。
※スマホからアクセスした場合は「自宅でプリントアウト」は選択できません。PCからアクセスした場合は「スマホで表示」は選択できません。

チケット購入の流れ1

【3】購入できるチケットの種類が表示されるので選択します。
画面が切り替わったら、来園予定のパーク(ランドorシー)チケットの購入枚数を選択します。
枚数は「+」「-」で変更できます。

チケット購入の流れ2

【4】ディズニーアカウントのログイン画面になります。
アカウントを持っていない方は新規ユーザー登録してください。

チケット購入の流れ3

【5】「スマホで表示」「自宅でプリントアウト」を選択した人はクレジットカード情報を入力します。
「自宅へ配送」を選択した人は代引きも可能です。

【6】最後に利用規約を読んで「同意する」にチェックします。

以上でチケット購入完了です!
とてもカンタンですね。
「ディズニーアカウント」を新規ユーザー登録する場合、名前や連絡先などの情報を入力する必要があるので時間がかかりますが、1度登録しておけば以後スムーズに購入することができますよ。

●eチケットは「スマートフォンで入園」「自宅でプリントアウト」「自宅へ配送」の3タイプから選べる。

●eチケットはオンライン予約・購入サイトまたは東京ディズニーリゾート公式アプリから購入する。

●「スマートフォンで入園」はスマホから、「自宅でプリントアウト」はパソコンからしか購入できない。「自宅へ配送」はどちらからでも購入可能。

●購入後の券種変更は、「スマートフォンで入園」「自宅でプリントアウト」ならオンラインで可能。「自宅へ配送」の場合は窓口でのみ対応となり手数料がかかる。

eチケット(スマートフォンで入園)の使い方

続いては、「スマートフォンで入園」を選択した場合の利用方法をご紹介します。

基本的な使い方は紙チケットと同じ

入園方法、ファストパスの発券方法、ショーの抽選方法は、紙タイプのチケットと同じ

出典:東京ディズニーリゾート

「スマートフォンで入園」を選ぶとスマホにQRコードが表示されるので、ゲートにかざして入園します。

基本的な使い方は紙タイプのチケット(販売窓口で購入したパスポート、自宅でプリントアウトしたパスポート、自宅に配送されたパスポートなど)と同じですね。

ファストパスの取得(発券機を利用する場合)やショー鑑賞の抽選をする場合も、紙タイプのチケットと同じように発券機または抽選機にQRコードをかざせばOKです。

ディズニーファストパス初心者ガイド!取得方法とルールをわかりやすく解説

同行者とパスポートを共有できる

「スマートフォンで入園」は同行者とパスポートを共有できる

複数枚のパスポートを購入した場合は、LINEやメールを使って同行者にチケットを送ることができます。

メールのURLを開くと、同行者のスマホにも購入者を含む全員分のパスポートが表示されます。
(共有する場合はパスポート1枚1枚にニックネームを登録する必要があります。)

代表者1人で全員分のファストパスを取得できる

パスポートを共有しておけば、代表者のスマホ1台で全員分のファストパスを取得したりショーの抽選にチャレンジすることができます。
紙チケットの場合は代表者がいったん全員分のパスポートを回収する必要がありましたが、そのような手間がかからず便利ですね。

スクリーンショットの保存でもOK

いちいちLINEやメールのリンクを開くのが面倒なら、全員分のパスポート画面をスクリーンショットしておくという手もあります。
スクショで利用する場合は、QRコードをかざす時に画面の向きが回転しないように縦方向でロックしておくことをお忘れなく!

eチケット(スマートフォンで入園)のデメリット

ここからは、スマホチケットならではのデメリットと注意点をご紹介します。

画面が割れているとQRコードが読み取れない可能性がある

画面が割れているとQRコードが読み取れない可能性があるので注意

出典:東京ディズニーリゾート

スマホの画面が割れていると、表示したQRコードが読み取れない可能性があります。

公式サイトでも以下のように案内されていました。

Q.ディズニーeチケットをスマートフォンに表示する際に液晶が損傷していますが、入園口の機械で正しく読み取れますか?

A.正しく読み取れない場合があります。
あらかじめパソコンから東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトにログインし、プリントアウトしたチケットをお持ちいただくか、同行者など他のスマートフォンに表示してご入園ください。

ケースのタイプや大きさによってはファストパス発券機を利用できない

横幅9cm以上のケースだとファストパス発券機に入らない

出典:東京ディズニーリゾート

ファストパス発券機のQRコードをかざす部分は、本来は紙タイプのチケットを差し込むために作られているので、横幅・立幅ともに狭くなっています。

そのため、サイズが大きいカバーやブック型のカバーを使っている場合、差込口にスマホが入らない可能性があります。

確かに公式サイトの画像を見ると、ケースを付けていないiPhoneでもギリギリサイズという印象ですよね。

 

横幅が9cm以上大きいと発券機に差し込めないので、サイズが大きいスマホカバーを利用している人は当日だけ別のカバーを付けていくか、発券時は取り外す必要があります。

★7月23日からアプリでファストパスを取得できるようになりました!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ディズニー・ファストパスをアプリで取得!使い方や注意点を解説

スマホのバッテリー切れに注意

スマホチケットを利用する場合はバッテリー切れに注意しなければなりません。

パーク内ではTDR公式アプリをチェックしたり、写真撮影をしたり、同行者と連絡を取り合ったりと、ただでさえスマホを使うシーンが多いですよね。
そのため、モバイルバッテリーは必需品です。

モバイルバッテリーはパーク内で購入可能

モバイルバッテリーはパーク内のショップで購入することができます。
店頭には並んでいませんが、キャストさんに確認すると出してもらえますよ。
いくつか種類があるようで、大体2,000円~3,000円くらいで販売しています。

コイン式充電器はディズニーホテルにある

ディズニー直営ホテルにはコイン式充電器があります。
30分100円なのでモバイルバッテリーを購入するより安上がりですよ。
ディズニーランドにいる場合はメインエントランス目の前にある「東京ディズニーランドホテル」へ向かいましょう。
ディズニーシーにいる場合はパーク内にある専用ゲートから「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」に入れるので便利です。

スマホの紛失や盗難にはもっと注意!

紙チケットは落としても気付かない人が多いというデメリットがあります。

しかし、スマホチケットだって油断できません。
パーク内は大変混雑しているので、スマホを落としたりどこかに置き去りにしてしまうと見つけるのが大変です。
拾った人が遺失物として届けてくれれば良いのですが、そのまま盗まれてしまう可能性も十分あり得ます。

スマホが無くなったら、ファストパスを取得できない、再入園できない・・・どころの騒ぎではありませんよね。
それ以上に失う物が多すぎるので、財布などの貴重品と合わせてしっかり管理してください。

すべての問題は「パスポートの共有」で解決できる

・スマホの画面が割れてQRコードが読み取れない
・スマホのバッテリーが切れた
・スマホを紛失した

これらの問題が起こっても、同行者とパスポートを共有していれば、無事に1日過ごすことができます。

入園ゲートでQRコードが読み込めなかった場合は、慌てずに同行者に自分のパスポートを表示してもらいましょう。
キャストさんに「2人分のパスポートです」と伝えればまとめて読み込んでゲートを通してもらえますよ。

ファストパスが発券できない場合も同様です。
同行者に自分のパスポートを表示してもらって発券しましょう。

その他、スマホのバッテリー切れ、紛失、不具合などの理由で自分のパスポートが表示できなくなった場合も、同行者に表示してもらえばパスポートが必要なシーンはとりあえず乗り越えられます。

ただし、いったんパークを出て再入園する場合はパスポートが必要なので、同行者と一緒に行動する必要があるのでご注意ください。

何らかのトラブルで自分のスマホにパスポートが表示できなくなっても、同行者にパスポートを送って共有しておけば問題なし!

eチケットはこんな人におすすめ

3種類のeチケットから自分にあったタイプを選ぼう

出典:東京ディズニーリゾート

「スマートフォンで入園」がおすすめの人

・1日だけ遊びに行く人
・手軽にチケットを購入したい人
・パーク内で紙チケットを出したりしまったりするのが面倒な人

「自宅でプリントアウト」がおすすめの人

・複数日滞在する(マルチデーパスポートを利用する)人
・チケットを手元に残したい人
・スマホ表示のチケットはバッテリー切れや不具合などのトラブルが心配という人

「自宅へ配送」がおすすめの人

・複数日滞在する(マルチデーパスポートを利用する)人
・クレジットカードを持っていない人
・チケットを手元に残したい人
・送料がかかっても良いからオンライン限定デザインのチケットが欲しい人
・スマホ表示のチケットはバッテリー切れや不具合などのトラブルが心配という人

いつも窓口でパスポートを購入している方は、ぜひ一度eチケットを利用してみてください。

スマホチケット以外にも、東京ディズニーリゾート公式アプリのリリースグッズのネットショッピングスタート支払方法に電子マネー追加など、スマホを使った新サービスが続々と導入されているので、併せて使いこなしたいですね。

ディズニーリゾートの支払方法に電子マネー追加!種類や注意点を徹底解説!

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。