ミッキー&ミニーの顔の変化を比較!ニューフェイスになった理由とは?

13点の画像をまとめて見る

画像と本文を見る

東京ディズニーリゾートでは、2019年3月26日からミッキーマウス&ミニーマウスがニューフェイスになりました。

ディズニーファンからすると「いよいよこの時が来てしまった・・・」という意見の人が多いかもしれませんね。

その一方で、ニューフェイスのミッキー&ミニーを見ても「今までとの違いがわからない」という反応をする方も多いようです。

そこで今回は、今までのフェイスとニューフェイスの違いをファン目線で解説いたします!

また、顔が変わった理由と、ニューフェイスになるまでの流れについてもお話したいと思います。

ニューフェイスのミッキー&ミニーに会いに行く前にチェックしてみてくださいね。

今までのフェイスとニューフェイスの違い

まずは、今までのフェイスとニューフェイスの違いを写真で比較してみましょう。

ミッキーマウス

画像左が今までのフェイス、右がニューフェイスのミッキーです。
パッと見でわかる違いを挙げてみましょう。

今までのフェイスとニューフェイスの違い

パーツ 今までのフェイスの特徴 ニューフェイスの特徴
たまご型
まっすぐ正面を見ている
縦に細長くなった
目線がやや下向きになった
丸い やや細長くなった
うっすらピンク色 無色になった
大きく空いている 舌が見える程度になった
フェイスライン ふっくらとしたなだらかなライン 口角がきゅっと上がった
あごのラインがハッキリした
コスチューム 大きめの蝶ネクタイ 小さめの蝶ネクタイになった

 

ミニーマウス

左が今までのフェイス、右がニューフェイスのミニーです。
パッと見でわかる違いを挙げてみましょう。

今までのフェイスとニューフェイスの違い

パーツ 今までのフェイスの特徴 ニューフェイスの特徴
たまご型
まっすぐ正面を見ている
アイシャドウは水色
縦に細長くなった
目線がやや下向きになった
アイシャドウなし
丸い
ミッキーに比べて小さめ
やや細長くなった
大きくなった
うっすらピンク色 無色になった
大きく空いている
リップは赤
舌が見える程度になった
リップなし
フェイスライン ふっくらとしたなだらかなライン 口角がきゅっと上がった
あごのラインがハッキリした
コスチューム ドット柄のワンピース ワンピースのデザインが変わった
頭のリボンの形が変わった

 

今までのフェイスとニューフェイスの写真を並べてみると、違いがよくわかりますね!
二人ともちょっと幼くなったような印象を受けます。

特にミニーはアイシャドウとリップが無くなったことにより、スッキリとしたお顔になりました。

また、フェイスの変化とともにワンピースのデザインも変わっていますね。
襟元がフリルになり、胸元にはボタンが2つ付き、より可愛らしいデザインになっています。

ニューフェイスのミッキー&ミニーに会える場所

ニューフェイスのミッキー&ミニーには、どこへ行けば会えるのでしょうか?

結論から申し上げると、今までミッキー&ミニーが登場していたすべての場所(グリーティング施設、キャラクターダイニング、ショー、パレード)で会うことができます。

「一部の施設やショーのフェイスは変わらないのでは?」と予想する声もありましたが、例外はありませんでした。

では、それぞれの場所で活躍するニューフェイスのミッキー&ミニーの写真をチェックしてみましょう。

グリーティング施設

パーク 施設名
ディズニーランド ミッキーの家とミート・ミッキー(トゥーンタウン)
ディズニーシー ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ロストリバーデルタ)

 

キャラクターダイニング

パーク/ホテル 施設名
ディズニーシー ホライズンベイ・レストラン(ポートディスカバリー)
※2019年7月8日をもって終了
アンバサダーホテル シェフ・ミッキー

 

ショー/パレード

パーク ショー/パレード名 公演場所
ディズニーランド ドリーミング・アップ! パレードルート
東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ パレードルート
ディズニー・クリスマス・ストーリーズ
※2019年12月25日まで
パレードルート
レッツ・パーティグラ! シアターオーリンズ
リロのルアウ&ファン
※2020年3月31日まで
ポリネシアンテラス・レストラン
ミッキーのレインボー・ルアウ ポリネシアンテラス・レストラン
ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ“ミッキー&カンパニー” ザ・ダイヤモンドホースシュー
ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン
※2019年12月13日まで
ショーベース
ディズニーシー ファンタズミック!
※2020年3月25日まで
メディテレーニアンハーバー
イッツ・クリスマスタイム!
※2019年12月25日まで
メディテレーニアンハーバー
ハロー、ニューヨーク! ドックサイドステージ
ビッグバンドビート ブロードウェイ・ミュージックシアター
マイ・フレンド・ダッフィー ケープコッド・クックオフ
ソング・オブ・ミラージュ ハンガーステージ

 

 

この通り、今までのフェイスのミッキー&ミニーの姿はどこにもありませんでした。

東京ディズニーリゾート公式サイトの画像も、ニューフェイスに順次切り替わっています(過去のニュース画像や公式ブログ画像は除く)。

ちなみに、パークのオフィシャルファンクラブ「ファンダフルディズニー」の公式サイトの画像もニューフェイスに切り替わっていました。
次期の会員カードやこれから販売される会員限定グッズも、ニューフェイスのミッキー&ミニーのデザインになるでしょう。

「ファンダフルディズニー」の公式サイトもニューフェイスに切り替え

出典:ファンダフルディズニー

「ファンダフルディズニー」ファンクラブ特典を徹底解説!地方組にもメリットあり

顔を変えた理由はアニメーションに近づけるため?

フェイスが変わった理由はアニメーションに近づけるため?

出典:Disney.jp

フェイスが変わった理由は、アニメーションのイメージに近づけるためだと考えられています。

確かに、ニューフェイスのミッキー&ミニーはまるでアニメーションから飛び出してきたような印象を受けます。
そういう意味では、“よりディズニーの世界観に浸ってもらうための進化”とも捉えられますね。

もちろん今までのフェイスも十分に可愛かったし、愛されていました。
特に日本のファンはキャラクター1人1人への思い入れが強い傾向にあるため、ニューフェイスに反対する声も多く上がっていました。

また、東京ディズニーリゾートはオリエンタルランドによるフランチャイズ経営なので「もしかしたら日本だけ変わらないのでは?」という噂もありました。

しかし、世界中のパーク(アウラニリゾート、クルーズラインも含む)で日本だけミッキー&ミニーのフェイスが違ったら、海外から訪れた子供たちが戸惑ってしまいますよね。

ミッキー&ミニーは世界に1人という世界観を守るためにも、ニューフェイスの導入は避けられなかったのです。

ニューフェイス導入までの流れ

ここからは、ニューフェイスのミッキー&ミニーが世界で初めて公開された日から、東京ディズニーリゾートに上陸するまでの流れをご紹介します。

ニューフェイスが初公開されたのは2016年

ニューフェイスは上海ディズニーランド関連イベントで初公開された

出典:上海ディズニーリゾート

ニューフェイスのミッキー&ミニーが世界で初公開されたのは2016年4月、「上海ディズニーランド」オープン前のイベントでの事でした。

その後「上海ディズニーランド」がオープンし、ニューフェイスのミッキー&ミニーの写真が広まると「顔が違う!?」と大きな話題になりました。

これは上海ディズニーランド独自のフェイスなのか・・・?
それとも、これからこのフェイスになっていくのか・・・?

そんな日本のディズニーファン達の不安が確信に変わる出来事が次々と起こります。

世界中のパークにニューフェイスのミッキー&ミニーが登場

上海ディズニーランドがオープンした翌日、アメリカの「ウォルト・ディズニー・ワールド」で始まったショーにもニューフェイスのミッキー&ミニーが登場したことが発覚しました。

2016年~2017年にかけて世界中のパークでニューフェイスのミッキー&ミニーが登場

出典:ウォルト・ディズニー・ワールド

その後も「ディズニーランド・パリ」「ディズニー・クルーズライン」「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」「ディズニーランド(カリフォルニア)」でも続々とニューフェイスが導入されていきました。
すべて2016年内の出来事です。

さらに、年が明けて2017年1月3日には「香港ディズニーランド」でもミッキー&ミニーがニューフェイスとなり、まだ登場していないのは東京だけという状況になってしまいました。

「東京も近々ニューフェイスになる」と確信した日本のファンたちは、そのタイミングを予想し始めます。

ディズニーシーの15周年が終了する時?
ディズニーリゾートが35周年を迎える時?
はたまた35周年が終了するタイミング?

様々な憶測が広まりました。

東京は2019年春にフェイスが変わるという噂が広まる

ニューフェイスのミッキー&ミニーがいないのは東京のパークだけという状況になってから、なんと2年が経過!

東京ではキャラクターの実写グッズが大人気で、2019年のカレンダーやスケジュール帳も例年通り発売されました。

そんな中、2019年1月16日に「ディズニー・イースター2019」のイメージ画像が公開されたのですが・・・
その画像のミッキー&ミニーは、明らかにニューフェイスを意識して描かれていました。

こちらがその画像です。

「ディズニー・イースター2019」のイメージ画像のミッキー&ミニーはニューフェイスだった

出典:東京ディズニーリゾート

そして2019年2月28日、ついにその日がやってきます!

東京ディズニーシーの「ディズニー・イースター2019」のコスチュームをひとあし早くお披露目!ということで、こちらの画像が公開されました。

異例!ニューフェイスのミッキー&ミニーが事前に公開された

出典:東京ディズニーリゾート

そこには、ニューフェイスのミッキー&ミニーの姿が写っていました。
1月に公開されたイメージ画像そのものですね。

この写真はあくまでも「新コスチュームのお披露目」として公開されたので、フェイスについては一切触れていません。
しかし、「春からニューフェイスに変わります」と東京ディズニーリゾートが公式に発表したも同然ですよね。

実は、このような事前の発表は異例なんですよ。
他国のパークでは、予告なしで突然ニューフェイスのミッキー&ミニーが登場しています。

キャラクター愛が強い日本のファンのために、早めに写真を公開してくれたのかもしれませんね。

「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」の台紙写真の変更=ニューフェイス導入?

コスチュームお披露目から数日後、今度はディズニーシーにあるキャラクターグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」の台紙の写真(台紙付きの写真を購入すると特典としてついてくるミッキー達の写真)が2019年3月26日から新しくなるという情報が出ました。

3月26日といえば、35周年イベントが終了した翌日です。
「このタイミングでニューフェイスに切り替わるのでは・・・?」という説が有力になりました。

予想的中!3月26日からニューフェイスデザインに

予想されていた通り、2019年3月26日から東京ディズニーリゾートのミッキー&ミニーはニューフェイスになりました。

予想された通り2019年3月26日からニューフェイスに

出典:東京ディズニーリゾート

この日を迎えるまでの数日間、フェイスが変わる前のミッキー&ミニーに会うため、大勢のゲストがグリーティング施設を訪れていました。
24日にはグリーティングが最大700分待ちに、25日は月曜日だったにもかかわらず最大400分待ちという状況になったそうです。

今までのフェイスとの別れを惜しみ、涙を流す人もいたみたいですよ。

大袈裟だと思う人もいるでしょうが、それだけミッキー&ミニーはファンに愛されているという事ですね。
「子供の時から慣れ親しんできたフェイスが変わるのは寂しい」
「ニューフェイスを受け入れられるかわからない」
このような声が上がるのも仕方がないことだと思います。

しかし、ミッキー&ミニーのフェイスは過去にも1度大きく変わっているってご存知でしたか?

次の項目では、東京ディズニーランドがオープンした頃のミッキー&ミニーについてご紹介いたします。

TDLオープン当初のミッキー&ミニーは今と全然違う!?

TDL開園当初のミッキー&ミニー

出典:東京ディズニーリゾート

こちらは東京ディズニーリゾートがオープンした1983年4月15日の写真です。

キャラクター達の顔をよくご覧ください。
みんな今とは違っていますよね。

特にミッキー&ミニーは印象が大きく異なります!
肌色の面積が狭く、目は丸くてくっきりとしています。
ミニーはメイクがかなり濃い目です。

TDL開園当初のミッキー&ミニー

出典:東京ディズニーリゾート公式ブログ

初めてミッキー&ミニーのフェイスが変わったのは、1992年のことです。
長年愛されてきたお馴染みのフェイスは、このタイミングで導入されたんですね。

ちなみに、当時のことを母に確認してみたところ「顔が変わって大騒ぎになった記憶はない。ショックだった記憶もない。」とのことでした。
一応、母も昔からディズニーファンではあるのですが・・・当時はキャラクターのフェイスにこだわっているファンは少なかったのかもしれませんね。

まとめ

ニューフェイス導入日の前日にスペシャルサイトが公開された

35周年イベントの最終日、東京ディズニーリゾートの公式サイトで「2020 東京ディズニーリゾート ~ここは、永遠に完成しない場所。~」というスペシャルサイトが公開されました。

東京ディズニーリゾートの歴史を振り返り、今後オープンする施設やエリアを紹介するという内容です。

そして、ウォルト・ディズニーのこんな名言が添えられていました。

「ディズニーランドは永遠に完成しない、この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける。」

1955年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したディズニーランドは、世界中で愛されるテーマパークとなり、様々な変化を繰り返し、成長し続けていますよね。

キャラクターのフェイスの変化も、その歴史の1つとして受け止めたいと思います!

ミッキー&ミニーがこれからどんな姿を見せてくれるか楽しみですね♪

【TDL】総勢80以上!ディズニーランドで会えるキャラクターをエリア別に紹介

【TDS】総勢40以上!ディズニーシーで会えるキャラクターをエリア別に紹介

 

コメントCOMMENT

コメントする

メールアドレスは公開されません。名前、メールアドレスは入力必須項目です。